日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章
シンキュウセイシュデンセツホクトノケンラオウデンジュンアイノショウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
2006年03月11日 
製作会社
ノース・スターズ・ピクチャーズ 
配給会社
東宝 
レイティング
PG-12  
英語名
 
上映時間
94分  

非業な宿命を背負う三兄弟の葛藤と闘いを描いた人気漫画『北斗の拳』が、凄絶で深い愛に彩られたエピソードを加え新たに生まれ変わったバトル・アニメーション。監督は「デジモンフロンティア」の今村隆寛。声優は、「劇場版トリック2」の阿部寛、「お父さんのバックドロップ」の宇梶剛士、「メゾン・ド・ヒミコ」の柴咲コウ。

スタッフ

原作
武論尊原哲夫
脚本
堀江信彦鴨義信真辺克彦
製作総指揮
井本満堀江信彦
アニメーションプロデューサー
吉岡昌仁
製作プロデューサー
山本秀基宮直樹
監督
今村隆寛
音楽
梶尾由記
プロデューサー
吉岡昌仁
作画総監督
佐藤正樹
音響監督
百瀬慶一
美術監督
坂本信人
撮影監督
佐藤正人
編集
田熊純
キャラクターデザイン
荒木伸吾姫野美智香川久清水貴子佐藤千春

出演者

ストーリー

世界大戦による核戦争後の荒廃により混沌とした近未来。そんな世でも千八百年の歴史を持つ人体の経路秘孔に衝撃を与えることにより肉体の内部から破壊することを極意とする地上最強の必殺拳・北斗神拳の秘伝は、厳格な掟のもとに守り続けられていた。北斗神拳の師父リュウケンは伝承者候補として長兄ラオウ(声:宇梶剛士)、次兄トキ、末弟ケンシロウ(声:阿部寛)の3人の養子を鍛え育てた。やがて三人が成長した時、リュウケンは正統伝承者としてケンシロウを選んだ。ラオウはリュウケンと決別、その凄絶なまでの剛拳で戦乱の世の覇者となる野望を抱き、自らを拳王と名乗り派道をばく進した。ラオウは、自ら率いる精鋭軍団・拳王軍の圧倒的な武力と恐怖による支配こそ、この世に新たな秩序をもたらすと信じていた。一方、正統伝承者・ケンシロウは流浪の旅のなかで民衆とともに戦い続け、いつしか救世主と呼ばれる道を歩いていた。その頃、自らを聖帝と称する南斗聖拳最強の男・サウザーは、多くの民衆を奴隷とし、その苦しみと血によって壮大な聖帝十字陵の建立を企て己の力を誇示しようとしていた。また、それは覇者を目指すラオウへの宣戦布告でもあった。絶望にくれる人々は、南斗白鷺拳の達人・シュウに救いを求めた。しかし、シュウもサウザーの非情なる策略によって命を落とす。ついにケンシロウは立ち上がり、サウザーと凄絶な死闘を展開する。だが、その死闘すらも影で操るのは恐怖の覇王・ラオウであった。しかし、女でありながらラオウ親衛隊を率いる猛将・レイナ(声:柴咲コウ)のラオウへの純真な愛が奇跡を呼び起こし、ラオウの胸に秘められた『北斗の拳』最大の真実が解き明かされる。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: ドルビーSRD

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。