日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

椿山課長の七日間
ツバキヤマカチョウノナノカカン

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
TSubakiyama's Send Back  
上映時間
118分  

突然死した中年男が絶世の美女になって蘇り、家族や同僚に隠された事情を知る、ユーモラスな感動作。浅田次郎の同名作品(朝日新聞社刊)を、「子ぎつねヘレン」の河野圭太が映画化。出演は「釣りバカ日誌」シリーズの西田敏行、「アバウト・ラブ/関於愛」の伊東美咲、「NANA」の成宮寛貴ほか。

スタッフ

監督
河野圭太
原作
浅田次郎
脚本
川口晴
音楽
服部隆之
撮影
川越一成
美術
瀬下幸治
照明
花岡正光
録音
郡弘道
編集
田口拓也
主題歌
コブクロ
製作総指揮
若杉正明
マネージメントプロデューサー
中山和記
プロデューサー
井口喜一久保理茎

出演者

ストーリー

突然死した椿山課長(西田敏行)が気付くと、そこはあの世とこの世の間にある中陰役所だった。担当者のマヤ(和久井映見)から特例として初七日までの3日間だけ現世に帰ることができる制度があると聞いた椿山は、早速申し出る。他に特例が認められたのは、子分たちの様子を知りたいヤクザの武田(綿引勝彦)と実の両親に会いたい少年・雄一(伊藤大翔)。椿山が目を覚ますと、絶世の美女・椿(伊東美咲)になっていた。少女・蓮子(志田未来)として蘇った雄一とともにそれぞれの家へ行く途中、父が公園でパソコンを操っているのを見かける。椿山夫婦を気遣い、痴呆症のふりをしていたらしい。椿山の自宅には、何故か部下の嶋田(沢村一樹)がいる。結婚する前から妻・由紀(渡辺典子)と深い仲で、息子・陽介は実は嶋田の子だったことが判明する。一方、竹内(成宮寛貴)として蘇った武田は、武田の息子として弟分の市川(國村隼)の元を訪ねる。子分の一人・卓人が武田の仇を取ろうとしていること、相手は市川だと勘違いしていることを知り、竹内は市川の身辺警護につく。蓮子からの連絡により、蓮子の実の両親は市川夫妻だと知った竹内は、三人を引き合わせる。その時、卓人が乱入。市川を撃とうとするところを竹内が身をもって守り、消えていく。はじめは陽介が息子だと思っていた市川の妻・静子(市毛良枝)も、この様子を見て蓮子が息子だと気付き、抱きしめる。ありがとうと言い、消えていく蓮子。椿は、この3日間のうちに長年自分のことを愛してきたことを知った同僚の知子(余貴美子)の元へ行き、好きだ、とサインを送る。中陰役所に戻り、急死した椿山の父と合流。4人は天国への階段をのぼっていく。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。