日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

やわらかい生活
ヤワラカイセイカツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2006年06月10日 
製作会社
ハピネット・ピクチャーズ/衛星劇場/住友商事/スカパー・ウェルシンク 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
It's Only Talk  
上映時間
126分  

35歳、男なし、金なし、仕事なし……だけれど、孤独を受け入れ、自然体で生きるヒロインの姿を描いた女性ドラマ。「ヴァイブレータ」の主演・寺島しのぶ、監督・廣木隆一、脚本・荒井晴彦が再結集。原作は、絲山秋子のデビュー作『イッツ・オンリー・トーク』。

スタッフ

監督
廣木隆一
原作
絲山秋子
脚本
荒井晴彦
製作
川島晴男石川富康渡辺純一
プロデューサー
森重晃
アソシエイトプロデューサー
永田芳弘
撮影
鈴木一博
照明
上妻敏厚
録音
深田晃
美術
原田恭明
装飾
三浦伸一
ヘアメイク
永江三千子
編集
菊池純一
スタイリスト
宮本まさ江
スクリプター
川野恵美
スチール
土屋久美子
音楽
nido
助監督
宮城仙雅
制作担当
?谷恭史

ストーリー

35歳。独身。一人暮らし。一流大学卒業後、一流企業の総合職、バリバリのキャリアウーマンだった優子(寺島しのぶ)。しかし、両親と親友の突然の死をきっかけに、うつ状態へ落ち込む。仕事も、男も、全てを失った。人生はどん底のまま、出会い系サイトで知り合った50歳の“趣味のいい痴漢”である建築家Kさん(田口トモロヲ)に連れられてきた蒲田を不思議と気に入り住みはじめる。理由は、この町には下町のような”粋”はないけど、今の無気力な自分をまるごと受け入れてくれる温かさがあるから。「俺のビッグマックを盗ったトンビを45オートで撃ち殺した」と自慢する、まだ幼さの残るうつ病のやくざ(妻夫木聡)、「できないんだ。EDなんだ」と告白する元同級生でEDの議員、本間(松岡俊介)。そして、競馬ですって車を駐車場から出せないから泊めてくれと突然現れた、能天気ないとこの祥一(豊川悦司)が優子の周りに集まってくる。彼らとの関わりの中で、少しずつ優子の固くなっていた心がほぐれていく。夏から秋へ。ゆるやかに結びついていた彼らとの関係は、ゆるやかに変化していくが、それは優子にとっても新しい時間へのはじまりでもあった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビーSRD

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。