日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

花よりもなほ
ハナヨリモナホ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2006年06月03日 
製作会社
「花よりもなほ」フィルムパートナーズ 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Hana  
上映時間
127分  

仇討ちのために江戸へ出てきた若い武士が、貧しいながらも人情あふれる長屋で暮らすうちに武士の生き方に疑問を持ち、人間として成長していく姿を描く人情時代劇。監督は「誰も知らない」の是枝裕和。出演は「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」の岡田准一、「阿修羅城の瞳」の宮沢りえ。

スタッフ

原案
是枝裕和
脚本
是枝裕和
編集
是枝裕和
監督
是枝裕和
製作代表
迫本淳一重延浩川城和実八木ヶ谷昭次藤島ジュリーK.冨木田道臣
企画
安田匡裕
製作
久松猛朗
プロデューサー
佐藤志保榎望
ラインプロデューサー
田口聖
撮影
山崎裕
美術
磯見俊裕馬場正男
照明
石田健治
録音
弦巻裕
協力プロデューサー
水野純一郎
音楽プロデューサー
高石真美
衣裳
黒澤和子
セットデザイン
国島厚三ツ松けいこ
装飾
中込秀志
助監督
板庇竜彦
製作担当
阿曽芳則湊谷恭史
音楽
タブラトゥーラ
スチール
葛西薫
アソシエイトプロデューサー
伊東森人藤本俊介浦谷年良河野聡森重晃原藤一輝古川一博

出演者

ストーリー

元禄15年、徳川5代将軍綱吉の治世。巷では、赤穂浪士が切腹させられた主君、浅野内匠頭の仇を討つかどうかが大きな関心ごととなっていた。信州松本から江戸に出てきた若者、青木宗左衛門(岡田准一)が貧乏長屋に腰を据えて、2年が経とうとしていた。宗左は剣術師範だった父を斬り、江戸へ逃亡した金沢十兵衛を捜して町を回るが、一向に見つけられない。仇討ちが上手くいけば百両は報奨金がもらえるが、今では里からの仕送りも途絶えがちだ。しかも宗左は剣の腕はからっきしで、長屋の遊び人・そで吉にこてんぱんに負かされる。宗左の向かいには美しい未亡人・おさえ(宮沢りえ)とその息子・進之助が住んでおり、宗左はおさえにほのかな恋心を抱いていた。一方長屋には、浅野内匠頭の仇を討とうとする赤穂の侍も潜んでいた。治療院の看板を掲げた首領格・小野寺十内のもとに患者を装って集まる男たちは、いっこうに仇を討とうとしない宗左は吉良側の間者ではないかと疑う。小野寺は同士の寺坂吉右衛門を宗左に紹介し、探りを入れさせる。実は、宗左は金沢を見つけていた。しかし、刀を捨てて人足となり、妻子と静かに暮らす金沢の姿を見て以来、そして毎日を楽天的に過ごす長屋の住人たちと交わるうちに、仇討ちを果たすことが本当に武士の道なのか宗左の中に迷いが生じ始める。そんな折り、おさえもまた亡き夫の仇をもつ身であることを知ってしまう。暮れも押しつまったある日、長屋の大家は住人たちに、建て替えのため年が明けたら立ち退くよう宣言する。彼らの困る姿を見て、宗左はある決意をする。それは、住人たちの協力を得て仇討ち成功の大芝居を打ち、藩から報奨金をくすねようというのだ。果たして計画は大成功。ちょうどその晩、赤穂浪士が吉良邸へ討ち入りを決行し、小野寺をはじめ仇討ちを果たした浪士は全員切腹した。ただ一人、宗左と親しくなったことで仇討ちの虚しさを感じた寺坂だけは討ち入りに参加せず、郷里へ帰った。長屋の住人が討ち入り騒ぎに沸く中、宗左とおさえは晴れやかな顔で桜を見上げるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビーSRD

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。