日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜逃げ屋本舗2
ヨニゲヤホンポツー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1993年05月15日 
製作会社
光和インターナショナル作品 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
100分  

自己破産した人々を狙う悪徳な債権取り立て屋に戦いを挑む、“夜逃げ屋”たちの活躍を描くドラマ。「夜逃げ屋本舗」(92)の続編。前作では夜逃げの最後の切り札として登場した自己破産だが、今回はその自己破産のその後を描く。監督は前作に続き原隆仁、主演も同じく中村雅俊が演じる。

スタッフ

企画
鈴木光
製作
鈴木光
プロデューサー
青木勝彦三沢和子
脚本
真崎慎長崎行男原隆仁
監督
原隆仁
撮影
川上皓市
照明
磯崎英範
録音
橋本文雄
美術
和田洋
編集
川島章正
助監督
杉山泰一
製作担当
坂本忠久
製作主任
原田文宏
音楽
大谷幸

ストーリー

夜逃げ屋として活躍し源氏雅彦は野口、相沢ら旧社員に新入の三神を加えて、新たに『ライジングサン』という名の代書屋、即ち自己破産手続きの代行を請け負う仕事を行っていた。彼らのもとにやって来る柳沢やOLの高井、銀行員の大島らはうまく自己破産し、返済の義務から解放されるが、彼らにお金を貸していた新珠昭一の会社・新珠金融の方は債権回収がままならず、遂に倒産してしまう。その裏には新珠金融の元社員である豊富ファイナンスの社長・豊富福次郎の策略もあった。返済の滞っている不良債権を買い上げ、法律的には債務の削減した自己破産者にやくざまがいの方法で返済を迫る豊富は新珠金融をまんまと乗っ取り、さらに妻・聡子の勧めもあってライジングサンの門を叩き自己破産手続きを進める新珠や、他の自己破産者にも次々に追い打ちをかける。柳沢は自殺。追い詰められた新珠も自殺を図り、一命をとりとめたものの、度重なる悪質ないやがらせに怒りの頂点に達した源氏は新珠一家の救出を決意、夜逃げ屋を復活させた。懸命にそれを阻止しようとする豊富のもとから見事に新珠を夜逃げさせた源氏は、その後も豊富への戦いを続けることを誓うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。

[2020/08/27]

映画情報を61件更新しました。