日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

スペインからの手紙 ベンポスタの子どもたち
スペインカラノテガミペンポスタノコドモタチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1993年10月09日 
製作会社
松竹トーハン作品 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

スペインにある子供たちの自治による共同体・ベンポスタを舞台に、日本とスペインで離れ離れに暮らすことになった兄弟を描くヒューマン・ドラマ。監督・脚本は「椿姫」の朝間義隆。主役の少年にはオーディションにより映画初出演の源啓介が選ばれた。

スタッフ

製作
櫻井洋三
脚本
朝間義隆
監督
朝間義隆
プロデューサー
田沢連二
撮影
花田三史
音楽
堀井勝美
音楽プロデューサー
佐々木麻美子
美術
芳野尹孝
照明
山ノ井実
編集
後藤彦治
助監督
本木克英

ストーリー

五月のスペイン・マドリッドに、飯島明夫と、一五歳も年下の弟・良二、そして通訳を勤める留学生の奈津子という三人の若い日本人が顔を合わせた。父は離婚して家を離れ、母親は一年前に死亡して以来、自閉的になっていた良二が唯一自分で決心したのが、『ベンポスタ子ども共和国』に入国したいということだった。まだ自分の手で彼を養いきれない明夫も弟の決意を承諾した。良二には、母がまだ生きていた三年前、家族三人でベンポスタの子どもサーカス団ロス・ムチャーチョスの公演を見に行ったことが強く思い出として残っていたのだった。共和国のあるオレンセに到着した一行を、神父や子供たちは暖かく歓迎してくれた。兄との別れの時こそ日本へ帰りたいと言い出した良二だったが、その後はパブロという友だちも出来、元気にしているという便りを兄に送り続けた。兄の方も夜勤を始めいつでもスペインに渡れる資金を作ろうと頑張り、またたく間に一年が過ぎた。そんなある日、スペインの奈津子から、良二がサーカスの団員として日本に帰国するという電報を明夫は受ける。いよいよ来日を果たしたサーカス。期待に胸ときめかせる明夫の目の前には、クライマックスの人間ピラミッドの頂上に、すっかり朗らかさを取り戻した良二の眩しい笑顔があった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。