日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

きらい・じゃないよ2
キライジャナイヨツー

作品名でWeb検索する
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
114分  

91年に劇場公開されて評判を博した8ミリ映画「きらい・じゃないよ」でデビューした内田栄一の監督作。前作から全く独立した物語の構成で、死者の都“百年まち”を舞台に、死者たちのさすらいの物語が展開される。プロデューサーは内田監督と「心臓抜き」の高橋玄、脚本は内田、撮影は石倉隆二、編集は高橋玄、録音は「心臓抜き」の菊地進平が担当。

スタッフ

プロデューサー
高橋玄内田栄一
脚本
内田栄一
監督
内田栄一
撮影
石倉隆二
助監督
中川泰伸
製作進行
梶原梶子
録音
菊地進平
録音協力
鶴巻仁
編集
高橋玄
ネガ編集
岡安和子
編集協力
福田千賀子
スタイリスト
谷口みゆき

ストーリー

廃線と廃駅の向こうに広がるモノクロの“百年まち”にふと迷い込んだクー(伊藤猛)。そこでクーは、すぐ裸になるねり(伊藤清美)に出会い、2人は奇妙な恋愛関係になる。死者であるのに、この百年まちで生きている自分に気づいたクーは、このままでは本当に死んでしまうことを恐れ、生まれるきっかけをつかもうと焦り出す。そして、やっと出会えた妹の7月(藤本あや乃)を連れ、百年まちを出ようと彷徨う。すべてを捨てて百年まちを出た2人は、カラフルな東京に着いた。もう一度生まれ変わることを夢見ながら、爆薬を抱えて走るクー…。水子だったかもしれない7月は、「きらいじゃないよ、きらいじゃないけど…」とつぶやきながら、東京のどまん中で冷たい土に還っていくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: パートカラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。

[2020/07/27]

映画情報を62件更新しました。

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。