日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ザ・中学教師
ザチュウガクキョウシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1992年04月25日 
製作会社
メリエスサントリー提携提携…日本テレビ) 
配給会社
アルゴプロジェクト 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
106分  

生徒との間に一線を引き、徹底した自治とルールによる教育に挑む教師の姿を描く社会派ドラマ。脚本は「Aサインデイズ」の斎藤博が執筆。監督は「マリアの胃袋」の平山秀幸。撮影は柴崎幸三がそれぞれ担当。

スタッフ

プロデューサー
山田耕大
プロデューサー補
古川恒一
原作
プロ教師の会(埼玉教育塾)「ザ・中学教師」シリーズ
脚本
斎藤博
音楽
大谷幸
監督
平山秀幸
撮影
柴崎幸三
照明
吉角荘介
録音
宮本久幸
美術
石井巖
編集
奥原茂
助監督
冨樫森
製作コーディネーター
久家豊
製作担当
山本章
アソシエイトプロデューサー
河西裕

ストーリー

桜中学2年1組担任・三上は生徒達をいくつかの班に分け、班単位での生徒達の自治を促し、指導を進めている。感情に流されることなく、徹底的に社会のルールを教え込む三上。しかし、生徒達は教師の思惑をよそに次々と問題を起こしていく。職員会議の席で、厳しい処置を提案する三上に真っ向から反発する美術教師の純子。一方、三上の家庭でも長女の祐子が学校でいじめに会い、登校拒否症となっていた。三上は父親ではなく教師として祐子を厳しく追及する。同じころ、三上のクラスの明も登校拒否症になり、明の母の常子に相談を持ちかけられた三上は、常子に家出でもして明を突き放すように勧めた。そしてようやく明が登校してきたかと思えば、今度は生徒の事故死という大事件が。教師達が動揺している中、冷静を保つ三上。さらに追い打ちをかけるかのように今度は、純子が美術の授業中、生徒の健太に殴られてしまう。事情を聞いた英語教師の春山は美術室へと向かうが生徒達の激しい抵抗にあい、逆上した春山は逆に健太にナイフで刺されてしまう。そんな事件が相次ぐ桜中学で、数日後、クラス対抗駅伝大会が行われる。三上は2年1組生徒達を挑発して、彼ら自身で大会を運営させようと考えていた。三上に反発する生徒達は、彼を見返そうと初めて一致団結で行動し、駅伝大会で勝利を獲得するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。