日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ムーミン谷の彗星
ムーミンダニノスイセイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1992年08月08日 
製作会社
ヒーロー・コミュニケーションズ作品製作…テレスクリーン) 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
62分  

彗星が近づく中、ムーミンらが繰り広げる冒険と友情と助け合いを描く、ヤンソン原作のアニメ映画化。脚本、監督はテレビシリーズ「楽しいムーミン一家」を手掛ける宮崎晃、斎藤博がそれぞれ担当。

スタッフ

監督
斎藤博
製作
多葉田一夫
企画
多葉田一夫
プロデューサー
田村学宮下勇治
原作
トーベ・ヤンソンラッセ・ヤンソン
脚本
宮崎晃
撮影
白井久男
音楽
白鳥澄夫
美術
河野次郎
録音
斯波重治
編集
森田清次
主題歌
白鳥英美子

出演者

ストーリー

ムーミン一家がムーミン谷に引っ越してきた。パパは小川に橋をかけ、ママは花壇を作り、ムーミンはスニフやミーと海で遊んでいた。ある日突然真っ黒な雲が谷を覆い、黒い雨を降らせ、哲学者のジャコウネズミがこの世が滅びると言い出した。ムーミンはすっかりしょげかえってしまうが、パパはおさびし山の天文台へ行って原因を突き止めてくることをすすめる。勇気をふるっておさびし山へ向かうムーミン、ミー、スニフの3人は途中で孤独を愛する旅人スナフキンに出会う。スナフキンにはげまされてようやく天文台にたどりつくが、望遠鏡で見たものは大きな大きな彗星だった。あと3日でぶつかると教えられたムーミンらは急いで山を下りる。途中お化け植物に襲われているスノークとフローレンの兄妹を発見、無事救出するが、ムーミンは一目でフローレンを好きになってしまう。ふたりを連れて谷へ戻ったムーミンらは、みんなでスニフの見つけた海辺の洞窟へ向かったが、海には水がなく、干からびていた。洞窟でひたすら彗星のぶつかるときを待つムーミンたち。しかし彗星は衝突せずに過ぎ去り、美しい海も戻ってくるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/03/26]

映画情報を119件更新しました。

[2019/02/21]

映画情報を31件更新しました。