日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年01月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

サイレントメビウス2
サイレントメビウスツー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1992年07月18日 
製作会社
角川書店日本ビクターパイオニアLDC 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
60分  

母親を殺された香津美がAMPのメンバーになるまでのエピソードを描くアニメ。昨夏公開された前作の続編で、原作の麻宮騎亜の手によるオリジナル・ストーリーを中村学が脚本化。監督は井出安軌、作画監督は北島信幸、西井正典、松原秀典が担当。

スタッフ

監督
井手安軌
製作
角川春樹長谷川誠野田隆一
原作
麻宮騎亜「サイレントメビウス
脚本
中村学
作画監督
北島信幸西井正典松井秀典
アニメキャラクター・デザイン
菊池通隆
撮影
小西一廣
音楽
和田薫
美術
平城徳浩
編集
掛須秀一

出演者

ストーリー

目の前で妖魔に母親を殺された香津美は、悲しさのあまり日本を去ろうとするが、IDはAMP(対妖魔特殊警察)によって書き換えられ、出国できなかった。怒った香津美はAMPに乗り込むが、そんな彼女にラリー課長はAMPの一員になるよう言う。しかし今や何も信じることのできない状況の香津美はAMPの建物を出て、酸性雨の街をさまようばかり。そんな時、彼女はひとりの少女、彩孤由貴と知り合い、心を和ませる。何者かの呼ぶ声に封鎖地区のベイ・ブリッジに向かった2人の前に現れたのは、死んだ母の実家であった。自らの秘密を知るために屋敷に踏み込む香津美だったが、そこには彼女の力を手に入れて、封印された仲間たちを復活させようとする2匹の妖魔の恐るべき罠が待ち受けていた。香津美を護衛していたAMPのキディと那魅が駆けつけ妖魔に立ち向かうが、逆に絶体絶命のピンチに。その時、父の形見のペンダントが輝きだし、父と母の声が聞こえてきた。父・ギルゲフと妖魔の関係、彼女に託された両親の願いと使命が明らかにされたとき、超次元の力が香津美を包み、ついに妖魔を倒すのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/01/27]

映画情報を39件更新しました。

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。