日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

魚からダイオキシン!!
サカナカラダイオキシン

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
121分  

かつての仲間に裏切られ、彼らを始めとする音楽産業に反発する熱血中年ロックンローラーの姿を描く。荒井晴彦、高田純、高橋伴明、小水一男の共同脚本による「餌食」(79年/若松孝二監督)を基に「コミック雑誌なんかいらない!」の内田裕也が脚本を執筆。監督はミュージシャンとして知られる「ROCK is SEX さらば相棒」の宇崎竜童。撮影は「C(コンビニエンス)・ジャック」の長田勇市がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
小口健二
脚本
内田裕也
原作
荒井晴彦高田純高橋伴明小水一男
監督
宇崎竜童
プロデューサー
海野義幸
アシスタントプロデューサー
木原昌彦
撮影
長田勇市
照明
豊見山明長
録音
杉崎喬
美術
山崎輝
編集
村本勝
助監督
上山勝
スチール
目黒祐司
製作担当
坂本至徳
記録
河辺美津子
技闘
國井正廣
ガンアドバイザー
松川充雄
音楽
大野克夫

ストーリー

1991年、東京。ロックンローラーのYUYAは都知事選を駆け抜けていたが落選。数年後の1990年、ニューヨークへ旅立ったYUYAが突如帰国。旅先で出会ったクルド人ミュージシャンに衝撃を受けたYUYAは彼らを日本に紹介しようと、かつてのロック仲間のNAKANEに売り込むが、今やロック界を牛耳る存在にまでのし上がった彼にとって、YUYAは煙たがられる存在にすぎなかった。それどころか麻薬取引にまで手を伸ばしていたNAKANEは、YUYAのかつての恋人ASAMIをクスリ漬けにし、外タレ専門に肉体を提供させ、ヘロインを横流ししていた。その事実を知ったYUYAは彼らに対する失望とともに強い怒りを覚える。そんな時、パンク青年KENJIとその恋人RIEと知り合ったYUYAは、彼らのところに転がり込み、そこで元ヴァイオリニストの片腕の老人GENJIROと出会う。そして彼の持っていた銃を譲り受けたYUYAは、KENJIとともにNAKANEの事務所を襲撃。ヘロイン資金を強奪し、命縣けのコンサートを開こうとするYUYA。その時、ドス黒い海の彼方から世紀末の日が訪れるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビー

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました