日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

獅子王たちの夏
シシオウタチノナツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1991年01月12日 
製作会社
G・カンパニー東亜興行 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
107分  

大組織系列下の末端のチンピラと、その総長をねらう対立組織の組員との非情な生きざまを描く。「ちょうちん」の金子正次の遺稿シナリオの映画化で、共同脚本に「マリアの胃袋」の西岡琢也が参加。監督は「危ない話」(第三話)の高橋伴明。撮影は「1990牡丹燈篭」の三好和宏がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
元村武大谷晴通
企画
翁長孝雄
プロデューサー
見留多佳城青島武
監修
野村秋介
脚本
金子正次西岡琢也
監督
高橋伴明
撮影
三好和宏
音楽
YONO
美術
丸尾知行
録音
福田伸
照明
吉角荘介
スチール
常地勝巳
編集
菊池純一
助監督
田胡直道
主題歌
YONO「夢の向こうに」

ストーリー

坂上連合系列の村井組に属する勝は自分の思い描いていたヤクザ世界との掛け離れに苛立っていた。そんな時、坂上連合と対立する大日本極真会に属する修と出会った勝は、修に本物の極道の匂いを感じ取っていた。自分にはない激烈なものを持っている修に反感を抱きながらもなぜか強く惹かれる勝。そんな勝の前に無邪気さの裏に陰を持った智子が現れる。見えない糸に操られるかのように自然に抱き合う二人は、自分と似たところを相手にもみていた。一方、修は上部組織の川田組からカタギになることを強制されていた会長・橋本の胸中を察し、代理戦争を勃発させようと村井組に手留弾を投げ込むが、皮肉にもこの事件が勝にとって昇りつめるチャンスとなった。それによって一年間獄中生活を送ることになる勝だったが、出所した勝は自分を囲む状況が一変したことに気づく。組事務所のガラスを割っただけだったが、その男気を買われ坂上連合に引き上げられた勝は、着実に上昇していく。そんな時、智子と再会した勝は、智子が金のために寝る女になっていたことに驚く。そのころ川田組では危険分子となった大日本極真会を叩き潰す計画を練り、橋本を陥いれ殺害。修はその全てを坂上連合の報復と思い込み坂上に銃弾を撃ち込む。奇跡的に坂上の命は助かったものの勝の立場はもはやなく、勝はケジメをつけるために修を追い続けるが、修は川田組によって殺害される。それから間もなく坂上連合は川田組を吸収。この事実を耳にした勝は、自分と修の存在そのものが否定されたような気がした。そして体も心も傷だらけになった勝は一丁の拳銃を手に坂上連合目指して獅子王のごとく向かって行くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。