日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

千の風になって
センノカゼニナッテ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2004年07月31日 
製作会社
「千の風になって~天国への手紙」製作委員会 
配給会社
シネカノン 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
107分  

天国へ先立った大切な人へ向け自らの想いを込めて綴った手紙を朗読する地方ラジオ局の名物コーナー<天国への手紙>を基に、葬儀会社グループ“ベル共済”が中心となり映画化した3話オムニバスの人生ドラマ。脚本・監督を務めるのは、「君は裸足の神を見たか」で監督デビューした金秀吉(キム・スギル)。さらに撮影監督の金徳哲(キム・ドクチョル)はじめベテランの映画スタッフが集結し、監督を支える。出演には、西山繭子、伊藤高史、南果歩、水谷妃里、金久美子、吉村実子、綿引勝彦。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
鈴木幹二
プロデューサー
金秀吉清水昭雄桜井勉
監督
金秀吉
脚本
金秀吉
撮影
金徳哲
照明
上保正道
編集
阿賀英登
音楽
周防義和
録音
南徳昭

ストーリー

“天国への手紙”の取材を続ける女性記者・紀子(西山繭子)。彼女は、演劇に情熱を燃やす夫・健二(伊藤高史)との間に悩みを抱えている。実のところ、取材自体も新編集長から命令された企画だった。紀子の、手紙の差出人を訪ねる日々が始まる…。小児ガンで長男を失った主婦・葉子(南果歩)、高校生時代に、何かの掛け金が外れたように母親(桂木梨江)への暴力に走った和美(金久美子)、病に倒れた夫(綿引勝彦)を、最期までそばで看取った徳江(吉村実子)。紀子は、さまざまな人々を訪ねて、それぞれの物語を知る。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

  • 作品の問合せ先: 「千の風になって~天国への手紙」製作委員会
  • 映倫番号: 116812
  • 封切り館:
  • 関連情報へのリンク:
  • 国立映画アーカイブ所蔵有無: 無

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。