日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

殺人がいっぱい
サツジンガイッパイ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
103分  

マザーグースの調べに乗せて次々と起こる殺人事件を追う母娘の活躍を描くユーモア・ミステリー。脚本は「さらば愛しのやくざ」の野沢尚が執筆。監督は「V・マドンナ大戦争」の中村幻児。撮影は「乙女物語 あぶないシックスティーン」の野田悌男がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
郷田政吾渡辺正憲
企画
肥田光久小糸綾子
プロデューサー
坂本要榎木靖市山隆治
脚本
野沢尚
監督
中村幻児
撮影
野田悌男
照明
内田勝成
録音
矢野勝久
美術
野口隆二
編集
北沢良雄
助監督
岩清水昌弘
製作担当
金子哲男
宣伝プロデューサー
桑原照美

ストーリー

没落寸前の名門・綾小路家のひとり娘・ひな子は17歳。世間知らずのお嬢様気分の抜けない母・徳子と、婿養子の父・宣彦と暮らしている。出張を偽って宣彦が愛人と旅行中、真夜中の書斎に天窓から突然死体が降って来た。それは宣彦の愛人・典子だった。殺人の容疑者として行方不明の宣彦が捜査線上に浮かんでくるが、父の無実を証明しようとひな子は警察顔負けの潜入捜査をする。一方、徳子は殺された典子の身辺調査にと夫の会社にとんでもない変装で入社したものの、同僚のえりかが典子と三角関係だったと聞いて大ショック。そんな二人の動向を静かに見守るひな子の担任教師・鴨下。鴨下の妻・永子は1年前に通り魔にメッタ突きにされていた。そんな鴨下に徳子は想いを寄せるが、えりかが鴨下とホテルのネオンへ腕を組んで消えて行くのを目撃してしまう。そして第2の犠牲者として鴨下の友人の妻・章子が発見された。鋭利な矢で腕を突き刺された残酷な殺され方だった。そんなある日、鴨下が警察に自首した。鴨下は典子、章子の二人共自分と愛人関係にあったことを自白するが、徳子は鴨下にえりかをかばっているのではと問い詰める。しかし、そのえりかも第3の犠牲者となった。アリバイが証明され釈放された鴨下、恋の逃避行をはかる徳子。そして犯人は徳子を襲う。それを尾行していたひな子と担当刑事の郷田は、犯人の正体を暴いた。それは鴨下の義父である校長の時枝だった。こうして事件は終わったかに見えたが、徳子が別荘に鴨下を訪ねたとき、そこには死んだはずの永子の姿があった。永子は精神が錯乱しており、徳子に刃を向ける。真犯人は永子だったのだ。別荘の屋上で徳子とひな子を襲う永子を止めようとする鴨下。そのとき永子の持つ包丁に雷が落ち、鴨下と永子は死んでしまうのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。