日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

渋滞
ジュウタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1991年07月13日 
製作会社
サントリー三菱商事ニュー・センチュリー・プロデューサーズ 
配給会社
アルゴプロジェクト 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
108分  

帰省途中の道路渋滞に巻き込まれながらも何とか故郷にたどり着こうと四苦八苦する家族の悲喜劇をユーモラスに描くドラマ。脚本・監督は「オルゴール」の黒土三男。共同脚本は佐藤峰世。撮影監督は「! [ai-ou]」の高間賢治がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
岡田裕
プロデューサー
藤田義則笹岡幸三郎
監督
黒土三男
脚本
黒土三男佐藤峰世
撮影
高間賢治
美術
丸山裕司
照明
吉角荘介
録音
林大輔
編集
川島章正
記録
白鳥あかね
装飾
松本良二
キャメラオペレーター
戸澤潤一
俳優担当
寺野伊佐雄
助監督
大原盛雄
製作担当
渡井敏久
助監督
大原盛雄
製作主任
小泉憲彦
宣伝プロデューサー
櫻井弘道
アソシエイトプロデューサー
奥田誠治

ストーリー

秋葉原の電気店販売課長の林蔵は、妻・春恵と二人の子供と共に浦安に住むごく普通のサラリーマン。今年の正月休みは故郷の真鍋島にみんなで帰ろうと思い立った林蔵。12月30日午前6時15分、道路が混み合う前に出発と高速道路に乗った四人だったが、さっそく道路渋滞に巻き込まれてしまい、その日に着く予定にもかかわらず、日が暮れて来て野宿するハメになってしまう。12月31日、いくらなんでももう混んではいないだろうと思い、気を取り直して出発する林蔵たちだったが、今度は事故によっての大渋滞。それでも何とか地図で裏道をみつけ、渋滞を逃れたものの警察のネズミ取りに捕まってしまう始末。さらに米原あたりまで来ると今度は雪によって車がスリップ、畦道に落ちてしまう。こうして年も明け、1月1日。昨日までの渋滞がウソのように道路はガラガラだった。今度こそ真鍋島に帰れるぞと思った矢先、息子大介が発熱。さらに焦って飛ばす山道の中で車がガス欠になってしまう。それによって里帰りを断念する林蔵。だが今度はUターンラッシュが始まり、結局真鍋島へ行った林蔵は短いながらも楽しい一時を過ごすのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。