日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

略奪愛
リャクダツアイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1991年10月10日 
製作会社
G・カンパニー東亜興行 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

一途の愛によって狂気に陥っていく女の姿を描く官能ロマン。5年前に京都府下で起きた現実の事件をモデルに「遺産相続」の松田寛夫が脚本を執筆。監督は「螢」の梶間俊一。撮影は「新・極道の妻たち」の木村大作がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
元村武大谷晴通
プロデューサー
見留多佳城角田朝雄
原作
松田寛夫梶間俊一
脚本
松田寛夫
撮影
木村大作
音楽
佐久間正英
主題歌
黒木瞳
監督
梶間俊一

ストーリー

意に添わぬ結婚話で母と激しい口論の末、故郷を飛び出した妙子は、高校時代の先輩・由美を頼って上京した。由美の勤める設計事務所でインテリアデザイナーの康夫と知り合った妙子は、康夫が由美の婚約者である事を知りながらも、その愛情を押さえる事が出来なかった。それによって男声で康夫に怪電話をかける妙子。しかしそれを康夫の同僚の山口に目撃されてしまい、その翌日から妙子の消息はプッツリと途絶えてしまう。三年後、由美と共に幸福な家庭を築いた康夫の前に再び妙子が現れ、康夫は以前より数段美しくなった妙子の愛欲の罠にはまっていく。だが、康夫の心中には、いつも由美に対するうしろめたさがあり、日を追って妙子が妻以上に妻らしくふるまおうとする思い込みの激しさに怖さを感じていた。そして、日に日に異常になっていく妙子は、ついに康夫の家庭へと入り込んでいき、由美に自分と康夫との関係を話すのだった。そんな妙子に恐怖を感じる由美。しばらくたって帰宅した康夫は異常な雰囲気を感じ、リビングルームに駆け込んだ。そこには幻想の中で康夫の妻になりきっている妙子の姿があり、浴室には無惨に殺された由美の姿があったのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。