日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

天上編 宇宙皇子
テンジョウヘンウツノミコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1990年11月03日 
製作会社
角川書店バンダイテレビ東京 
配給会社
東映クラシックフィルム 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
71分  

神の子である少年・宇宙皇子が天上界を旅しながら成長していく姿を描くアニメ。藤川桂介原作の同名小説の映画化第2弾で、脚本は「幻夢戦記レダ」の武上純希と富田祐弘の共同執筆。監督は「魁!! 男塾」の今沢哲男。作画監督は同作の山崎展義がそれぞれ担当。

出演者

ストーリー

平安京の時代。望月の夜、宇宙皇子は宿命の許婚なよ竹のかぐや姫の月への昇天を手助けする。しかし、それによって朝廷の権力者たちから追放の命が下った皇子は、仲間と共に天上界へと旅立つが、そこは荒ぶる神仏の世界だった。月の宮殿を訪れた皇子は、かぐや姫と再会するが、かぐや姫は昇天のときに全ての記憶を失っていたのだった。失意の中で戯女市にさ迷いこんだ皇子は、そこで仲間の一人である各務を慕う自分の気持ちに気づく。そして皇子たちの乗る天翔船は月を後にして、天上界の上層、と利天へ到着。皇子は帝釈天をはじめとする三十三の神々と謁見し、皇子は利天から不当におとしめられた阿修羅王の天上界への復帰を願い出たが、逆に神々の怒りを買い、牢に幽閉されてしまう。さらに、神々の“星狩り場”で、その美しさに魅了されていた各務は、突如現れた帝釈天に奪われてしまうのだった。そして、牢の中でその異変を察知した皇子は、各務を助けるため、天上界の神々に立ち向かうのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。