日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

さわこの恋 上手な嘘の恋愛講座
サワコノコイジョウズナウソノレンアイコウザ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1990年11月17日 
製作会社
学研クリエイティブ鎌倉スーパーステーション 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
97分  

現代の若者たちの生態を背景に、一組の男女の官能的な恋愛模様を描く。脚本は「Aサインデイズ」の斎藤博が執筆。監督は「童貞物語4 ボクもスキーに連れてって」の廣木隆一。撮影は「激動の1750日」の佐々木原保志がそれぞれ担当。

スタッフ

プロデューサー
安養寺重樹天野真弓千葉好二
企画
木下一夫木村眞章
監督
広木隆一
脚本
斉藤博
撮影
佐々木原保志
照明
岩崎豊
美術
沢田清隆
編集
菊池純一
音楽
安部隆雄
録音
深田晃
スチール
渡辺亨
助監督
石田和彦

ストーリー

銀行に勤める入社8年目のOL・佐和子は、そんなごく普通の日常生活に飽き足りないものを感じていた。ある日ふとしたことでフランス料理のシェフ・由起夫と出会った佐和子は、自分を一流ホテルのオーナーのお嬢様と偽り、一夜を共にする。由起夫もまた日常生活にやり切れないものを感じており、そんな日常からの逃避を佐和子との虚構の関係に求めたのだった。佐和子には、春子と一郎という幼馴染みがいた。一郎は佐和子に想いを寄せていたが、現実的な春子と婚約していた。春子は、そんな一郎に自分の気持ちの決着をつけるように勧めるが、一郎は迷いを残しながらも、冗談めかしてごまかしてしまうのだった。佐和子は、そんな一郎の気持ちを知ってか知らずか、ますます由起夫との不思議な関係にのめり込んでいく。春子と一郎の結婚式の日、一郎はやり切れない気持ちで酒をあおり急死してしまう。傷心の佐和子は由起夫に会いに行くが、そこで由起夫の私生活を垣間見てしまうのだった。互いに現実から逃げることをやめ、ありのままの姿で向かい合う佐和子と由起夫。そして由起夫はそんな佐和子にプロポーズし、佐和子も初めて本当の微笑で由起夫に笑みを浮かべるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。