日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

モンゴリアンB・B・Q
モンゴリアンビービーキュー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1990年12月14日 
製作会社
バンダイ 
配給会社
エンボディメント・フィルムズ 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
74分  

現実と伝統のはざまで悩み、苛立ち、青春を彷徨う男女の姿を描く。脚本・監督は新人の三輪誠之。撮影は「鉄拳」の笠松則通がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
鵜之沢伸浅賀孝郎
プロデューサー
森恭一杉崎隆行
監督
三輪誠之
脚本
三輪誠之
撮影
笠松則通
照明
西池彰
美術
高橋章
編集
島村泰司
音楽
マーティ・ライトハイザー
録音
辻井一郎
記録
生田透子
助監督
山仲浩充
衣装コーディネーター
小川久美子
スチール
奥川彰
製作主任
岡英祐
製作進行
小宮孝一澤井克一

ストーリー

とある刑務所の表、ゲートの前に止められた車の中で健とアキちゃんが精二の出所を待っていた。そして刑務官に連れられて出て来る精二にシャンパンを抜き、出所を祝う健。だが二人には会わなくてはならない女とその子供がいた。由緒ある狂言師の家に生まれた健は、舞扇師の家に生まれた精二と共に兄弟のように育ち修業を続けてきた。やがて精二は扇師としての道を歩み始めるが、保守的な伝統の世界を飛び出そうとした健はそれによって通い始めたバレエスタジオで七重と出会い、恋におちる。健から七重を紹介された精二はある直感で結ばれるが、健はそれに気付きながらも不安と同時に奇妙な安堵感を抱いていた。こうした不思議な愛情で結ばれる三人に、ある日子供ができる。そして七重の出産が近づいた時、健を横に乗せ無免許で車を疾走させていた精二は、七重の目の前で彼女の両親をひいてしまう。六年後、出所した精二と健は、精二を逮捕した警官の建守さんのいる交番を訪ねる。彼は娘の真魚ちゃんの合図を得ては、紐つきの警棒を投げて暴走する車やバイクを仕止めていた。そして、七重と再会した健と精二は、澄んだ瞳と背中に青いアザを持つ息子の一太郎を交えて、サナトリウムの庭で親子四人で遊ぶ。辛い現実を飛び越えてやって来たかのような一太郎の姿を目にした健と精二は、その新しい子供達の国を造ろうとする。そして遂にその時がやって来た。銀行の貸金庫に押し入る健、精二、七重は札束を抱えて逃走し、三人を乗せた車は建守さんの交番に向かって飛び込んでいく。その時、不意に健の身体がワイヤーロープで釣り上げられた。空を舞うように飛んでいく健。そのクレーン車を操縦していたのは一太郎だった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。