日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

マドンナのごとく
マドンナノゴトク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1990年12月22日 
製作会社
山田洋行ライトヴィジョン 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
104分  

広告代理店に勤めるキャリアウーマンと防衛大卒のエリート自衛官二人との激しくも切ない三角関係を描く異色ラヴストーリー。藤堂志津子原作の同名小説の映画化で、脚本は「日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群」の小倉洋二が執筆。監督は新人の門奈克雄。撮影は「飛ぶ夢をしばらく見ない」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
鍋島壽夫
企画
河井真也
プロデューサー
茂庭喜徳
監督
門奈克雄
原作
藤堂志津子
脚本
小倉洋二
撮影
姫田真左久
照明
渡辺孝一
美術
及川一
編集
菅野善雄
音楽
崎谷健次郎
主題歌
崎谷健次郎「夜のない一日」
録音
中村淳
助監督
冨永憲治
製作担当
林哲次

ストーリー

優子は札幌の広告代理店に勤める35歳のキャリアウーマン。ある日、しんと静まった市立図書館を出ようとする彼女に見知らぬ男が声をかけてきた。潤一と名乗るその青年は、防衛大卒のエリート自衛官だった。こうしてキャリアウーマンと自衛官という異色の二人の交際が始まった。潤一も最初は優子を会社の前で待ち、マンションまで送るだけだったが、次第に二人の関係は深まっていき、お互いの職場の近くに部屋を借りて同棲するまでになった。その引っ越しを手伝った潤一の親友・郁馬も優子に会うまでは彼女のことを年増女と冷やかしていたが、実際に優子と会った郁馬はやはり彼女に秘かな思いを抱いてしまうのだった。一方、優子の上司であり、古くからの友人でもある松田は、潤一に「私のマドンナを大切に……」と意味ありげな挨拶をする。それだけ二人は10歳という年齢差を越えて誰もが羨む仲になっていたのだ。だが、潤一は優子に夢中になるあまり、訓練に集中できず、自らの率いる隊を全滅させてしまう。責任感の強い潤一は、それによって富士学校への研修を申し出て、優子の前から姿を消してしまう。はじめは“新種の男遊び”だと割り切っていたはずの優子は大きく傷ついてしまう。そして二人の愛の巣も引き払ってしまい、いつしか郁馬がそんな優子の心の支えになっていた。だが、郁馬も潤一と同様にその愛の重さに耐えられなかった。やがて潤一が研修から戻り、二人は優子に三人で愛を築こうと提案する。優子も最初は戸惑うが、こうして三人の奇妙な愛の生活は始まるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。