日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

どっちもどっち
ドッチモドッチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1990年11月10日 
製作会社
東宝フィールド・ハウス 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
107分  

この世に未練を残して死んだ女幽霊と彼女にとりつかれた浮気な男との騒動を描くコメディ。脚本は「天と地と」の鎌田敏夫が執筆。監督は「いこかもどろか」の生野慈朗。撮影は「天と地と」の前田米造がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
武敬子島谷能成
プロデューサー
徳増俊郎小林桂子沼田通嗣
監督
生野慈朗
監督補
森一弘
脚本
鎌田敏夫
撮影
前田米造
照明
矢部一男
美術
和田洋
編集
菅野善雄
音楽プロデューサー
恒川光昭
録音
橋本泰夫
スチール
石月美徳
助監督
大原盛雄
製作担当
前田光治

ストーリー

テレビ局のディレクターの正道とスイッチャーの慶子は恋人同士だったが、ある日正道の治らぬ浮気に愛想を尽かした慶子は、一方的に別れを宣言する。正道は半年間女断ちをすることで慶子の心を取り戻そうと心機一転して新しいマンションに引越した。ところがそのマンションには自殺した先住者の幽霊である亜由子がいたのだ。食べ物と男に異常な未練を残して死んだ亜由子にとりつかれた正道は、そのことを親友の誠に話すがとりあわない。そんな亜由子に頭を悩まされながらも慶子と約束した半年が過ぎた正道はマンションに慶子を招くが、亜由子のいたずらによって二人の仲は増々こじれていくのだった。さらに慶子は正道のことを忘れようと誠と同棲をはじめる。それによって正道と慶子は離れていくが、誠はそんな慶子に正道のところへ戻るよう説得する。しかし慶子は正道への想いを残しながらも外国へ行く決心をしていたのだった。亜由子は空を飛び、正道を慶子のもとへ連れていき、そして正道に別れを告げた亜由子は東京上空に消えていく。こうして正道と慶子は結ばれるのだった。数日後、いつものようにテレビ局で勤務する正道と誠、そして今度は誠の前に亜由子が現われるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: ドルビーステレオ

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。