日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

Mr.レディー 夜明けのシンデレラ
ミスターレディーヨアケノシンデレラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1990年01月20日 
製作会社
日映 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
110分  

大都会に生活するホモセクシャルな世界の人々の生き様をコメディタツチで描く。脚本・監督は「哀しい気分でジョーク」の瀬川昌治、共同脚本は下飯坂菊馬と林誠人が執筆、撮影は林兆がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
加藤博明
企画
加藤博明
プロデューサー
加藤美千子
プロデューサー補
林実
監督
瀬川昌治
原案
加藤博明
脚本
下飯坂菊馬林誠人瀬川昌治
撮影
林兆
照明
山川英明
編集
浦岡敬一
美術
北川弘沢田清隆
音楽
宇崎竜童
録音
谷村彰治
助監督
加藤仁
製作主任
今村勝範

ストーリー

山崎大介はサラ金の取り立ての仕事をしていたが、持ち前のやさしさから社長とうまくいかず、会社をクビになった。そんな時、高校時代の先輩で現在ゲイバーのママをやっているアンナと再会し、経理として働く事になった。ある日、店の者が食中毒で休んでしまい、急遽店に出る羽目になる山崎だったが、予想以上のギャラを稼いだ彼は、息子の心臓病手術のためゲイボーイとして働く決意をする。そのことが妻にもバレてしまい、家を出た山崎は、店のナンバーワンである桜子のマンションにやっかいになる。どこから見ても女性としか思えないほど美しい桜子に、山崎は淡い恋心のようなものを抱きはじめていた。桜子は自分がニューハーフである事を隠して、カメラマンの中原と恋に落ちていたが、中原はファインダーを通して桜子の秘密を知り、「中性の美・桜子」という写真集を出版してしまう。その事が原因で中原と別れた桜子だったが、その写真集が財閥の総裁である桜子の父に知れてしまい、桜子は勘当されるが誇りを失わず我が道を歩む決意をする。一方、山崎はアンナや桜子達の暖かい援助を受け息子の心臓病の手術を受けるため、親子三人でアメリカに向かったのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。