日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

二十世紀少年読本
ニジュッセイキショウネンドクホン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1989年11月23日 
製作会社
CBS・ソニーグループ 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
106分  

日本のサーカスをテーマに、その娯楽の歴史とそこに生きた人々をノスタルジーに描く。脚本・監督は「夢みるように眠りたい」の林海象、撮影は「昼漏らす人妻」の長田勇市がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
白川隆三林海象
プロデューサー
肥田光久桜井陽一
監督
林海象
脚本
林海象
撮影
長田勇市
美術
木村威夫山崎秀満
編集
田中修
音楽
浦山秀彦熊谷陽子

ストーリー

昭和中期、日本がまだ夢見ていた頃、街から街へと人々を楽しませて回る「三日月サーカス」という小さなサーカス団があった。そこには仁太と渡という空中ブランコに憧れる兄弟がいた。しかし、不慮の事故により足を傷めた仁太は、夢がかなわぬままサーカス団を去ってしまう。時は流れ昭和の好景気、世の中の繁栄とは逆にサーカス団はおちぶれてゆくが、渡と混血の美女マリアは負けじと新しい新しいサーカスショーに挑んでいった。その頃、仁太はテキヤ家業に励んでいた。ある日、親分の情婦おもちゃと出会い、たちまち恋に落ちた二人は掟を破った為、組織に追われてしまう。逃避行に疲れ、死を決意するがいつしか二人は「三日月サーカス」のテントに向かっていたのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。

[2020/05/08]

映画情報を3件更新しました。