日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年01月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

どついたるねん
ドツイタルネン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1989年11月11日 
製作会社
荒戸源次郎事務所 
配給会社
ムービーギャング 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
110分  

ボクシングで再起不能となりながらもカムバツクに賭ける男の姿を描く。脚本・監督は「危ない話」(第一話)の脚本を手がけた阪本順治、撮影は同作(第三話)の笠松則通がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
荒戸源次郎
企画
孫家邦
脚本
阪本順治
原案
「どついたるねん」
撮影
笠松則通
照明
渡辺孝一
美術
丸尾知行
編集
高島健一
音楽
原一博
主題歌
原田芳雄「DON’T WORRY」
音楽制作
林敏明山崎淳
録音
横溝正俊
衣装
小川久美子
記録
今村治子
助監督
山仲浩充
製作担当
椋樹弘尚
装飾
足立茂石田登吉村昌悟
衣装
赤津澄衣村育子
メイク
浜田芳恵茂野由美
ネガ編集
南とめ
音響効果
佐々木英世
スチール
舞山秀一飯島浩彦
宣伝美術
清野僚一
製作宣伝
金堂修一

ストーリー

イーグル友田との試合で負傷し、再起不能となった元チャンピオン、安達英志は、所属のナショナルジムを飛び出して、自らのジムを設立した。ある日、英志のジムにふらりと中年男が現れた。男は左島牧雄という元ウェルター級の日本チャンピオンだった。英志は左島をコーチとして雇うが、ジムに集まった練習生たちは英志のあまりの横暴さに嫌気をさし、みな去ってしまう。結局、ジムを閉めることになった英志は、ナショナルジムに戻り、会長の鴨井とその娘・貴子、そして左島と共に現役カムバックへと向かっていった。そんな時、英志のカムバック戦の相手が決まった。ナショナルジムでの英志の後輩で今は原田ジムにいる清田だった。そして、遂に試合の日となり英志は再びリングに立った。ゴングが鳴り、清田と命賭けの死闘を繰り広げる英志。しかし、前の試合での負傷を背負っている英志にはやはり不利であった。そして、見兼ねた貴子がタオルを投げた瞬間、同時に英志のパンチが清田をダウンさせたのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/01/27]

映画情報を39件更新しました。

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。