日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

りぼん RE-BORN
リボン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1988年08月20日 
製作会社
パル企画 
配給会社
パル企画 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
68分  

河童の存在を信じる少女がその世界に入っていくまでを描く。原案・監督は「グリーン・レクイエム」の今関あきよし、脚本は「不可思議物語 FANTASTIC_COLLECTION」の藤田一朗、撮影は「ハード・ペッティング」の三好和宏がそれぞれ担当。

スタッフ

製作総指揮
鈴木ワタル
プロデューサー
山本文夫
脚本
藤田一朗
原案
今関あきよし
監督
今関あきよし
撮影
三好和宏
音楽
千住明
美術
大澤稔
録音
沼田和夫
編集
今関あきよし田中政行
キャラクター・デザイン
阿久津光子
助監督
井上潔
スチール
古沢敏文

ストーリー

信州のある小さな村に住む中学生の木下さやかには、酒田梅代という河童マニアの変わった友人がいた。村のはずれには河童の住んでいるという沼があり、梅代は河童を呼び出すために踊りを踊ったり、沼の水をバケツでくみ出そうとしたりして、周りの先生や生徒たちからは変な目で見られていた。唯一の友人であるさやかも手伝わされては憧れの中野慎一の前で恥をかかされていた。しかし、さやかには弱みがあった。彼女は一年前まで担任の中野健太郎と付き合っており、その現場を梅代に見られていたのだった。河童探しのエスカレートした梅代だが、河童は一向に現われない。さやかはSFマニアの同級生・今野裕と組んで河童の人形を沼に出現させるが、ばれてしまった。梅代とはすぐに仲なおりできたが、彼女はとうとう自分から沼の中へ潜っていってしまった。そして、梅代はとうとう戻って来なかった。一年後、さやかは東京の高校へ進学し、海代のことを思い出していた。その頃、今野は梅代の形見のりぼんを沼に返そうと投げ込んだところ、河童が現れたのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。