日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あぶない刑事
アブナイデカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1987年12月12日 
製作会社
東映日本テレビ 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

ヨコハマ・港署に籍をおく型破りな二人の刑事の活躍を描く人気TVシリーズの映画化で、脚本は「お嬢さん探偵 ときめき連発!」の柏原寛司と大川俊道が執筆。監督は「化石の荒野」の長谷部安春、撮影は「ハチ公物語」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
岡田晋吉清水欣也黒澤満
プロデューサー
初川則夫伊地智啓
脚本
柏原寛司大川俊道
監督
長谷部安春
撮影
姫田真佐久
音楽
志熊研三
音楽監督
鈴木清司
音楽プロデューサー
高桑忠男石川光
美術
小林正義
照明
井上幸男
スチール
三村和義
編集
山田真司
助監督
伊藤裕彰
製作協力
セントラルアーツ
イメージソング
鎌田英子
柴田恭兵
エンディングテーマ
舘ひろし

ストーリー

金曜日の夜、OLやサラリーマンが歓楽街へとくり出す頃。パトロール中の刑事、鷹山敏樹と大下勇次の覆面車へ緊急事態の連絡が入った。中光製薬の研究所が何者かに襲われ、中野博士が死亡。制ガン剤の研究データも破壊されていた。翌日、二人は情報屋から仕入れたネタで犯人の豹藤幸次郎をスーパーマーケットに追いつめたが、豹藤は人質を取って銃を乱射し店内はパニックとなった。鷹山と大下は犯人を取り逃がし、近藤課長から大目玉をくらう。二人は公園のトイレの痴漢取り締まりに回わされてしまった。株に詳しい田中刑事が中光製薬同様に制ガン剤を開発中だったコスモ薬品の株の急騰をつきとめ、30億を儲けた大株主の画商・鳴海総太郎をリストアップした。鷹山と大下は課長命令を無視し美人の鳴海画廊マネージャー・結城緑をマーク。命令違反に怒った課長は二人を警邏係の応援に回すが、それでも鷹山と大下は交代で緑を見張ることにした。そしてニューヨークへ旅立とうとする緑を拉致し港の廃船置場に監禁。動き始めた豹藤と銃撃戦となるが、再び逃がしてしまう。翌朝、緑の身柄は取り調べ室へと移されたが、事件については黙否を続けていた。そんなとき豹藤から電話があり、誘拐した少年課の女刑事・真山薫と緑を交換しろという。指定場所の繁華街に張り込む刑事たちの追跡をかわし豹藤と緑はマンホールを伝って逃げたが、薫は無事に帰された。事件解決を焦せる大下は薫が監禁されていたと見られる病院へ乗り込む。一方、鷹山は豹藤を追いつめ格闘になるが、予想以上に強い豹藤に頻死の重傷を負わされてしまう。病院のベッドに横たわる鷹山を見て、大下は単独行動をとったことを悔んだ。数日後、大下と鷹山は鳴海らが潜んでいる屋敷に乗り込む。が、逃げる豹藤を追い二人が外へ出たスキに、鳴海は手榴弾で自殺を計り、止めようとした緑と共に爆死してしまった。大下と鷹山は銃撃戦の末、ボートで逃げようとしていた豹藤をようやく仕止めた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。