日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

親鸞 白い道
シンランシロイミチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1987年05月09日 
製作会社
松竹日映キネマ東京 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Shinran:The Path to Purity  
上映時間
140分  

僧侶、親鸞の半生を描く。三國連太郎原作の同名小説の映画化で、脚本は劇作家の藤田傅と本作品で監督デビューした三國連太郎が共同執筆。撮影は「離婚しない女」の山崎善弘が担当。

スタッフ

企画
高橋松男
製作
高橋松男
企画
三國連太郎
原作
三國連太郎
脚本
三國連太郎
監督
三國連太郎
製作
大谷信義加藤博明
プロデューサー
藤本潔
脚本
藤田傅
撮影
山崎善弘
音楽
YAS-KAZ
美術
木村威夫
録音
橋本文雄宮本久幸
照明
加藤松作
スチール
井本俊康
編集
井上治
監督補
丸久生
製作協力
三國事務所

ストーリー

一一八五年、京では連日の様に平家の残党狩りが行なわれていた。その凄惨を極める有様を13歳の親鸞がくいいる様に見つめている。人々の苦しみをなんとかしたいと願った彼は、修業の為に比叡山に入山し、20年に及ぶ苦難の行を積むが、どうしてもその教えに確修を得られず山をおりてしまった。やがて親鸞は、旧い仏教を否定する法然に出会い己れの道を確信する。それ迄、宗教とは比叡山を中心とする上流階級丈のものであったのだが、法然の興した浄土宗は、「宗教は万人のものである」という、当時としては斬新なものだった。この新しい念仏の教えは飢饉や重税に喘ぐ民衆の間に広がっていく。だが、この様な新興宗教が当時の仏教界に受け入れられる筈はなく、当然の様に二人は流罪となってしまう。親鸞は越後へ流されるが、やがて念仏弾圧の手が伸びてくる。念仏を信仰する親鸞、彼の妻・恵信、三人の子供たちは、越後から関東に向かう人買いの集めた群れにまじって越後脱出を計った。苦難の末たどりついた関東上野の国は、人買いの阿藤太のふれこみとは裏腹に地獄の様だった。更にここでは、原始宗教が支配していて、どんな病人も男坐女による祈祷以外に、傷や病いの手当てをする事は許されないのである。親鸞は懸命に布教活動を始めた。そんな時、村を襲った疫病の為に末子の己己を失ってしまう。親鸞はとめる恵信の手を振り切って、燃え熾る炎の中に己己の遺体を放り込んだ。燃える様な憎悪の目でそれを見つめる恵信。やがて一家は常陸の国へと移り住んだ。親鸞はそこで出会った姥捨ての恐怖に怯えながら、現世への執着を捨て切れない老婆に念仏の教えを憑かれた様に説いた。一二一九年、鎌倉鶴岡八幡宮で、将軍源実朝が八幡宮別当公暁に暗殺された。念仏教止令が発令され、親鸞の布教活動はますます困難となっていく。それでも彼は、確信を持って一つの道を歩み続ける。それは共に歩むことのできない妻子との別れを意味したが、彼は現世に苦しみ、のたうちまわりながら再び旅立った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。