日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

寝技ギャル 後ろから一直線
ネワザギャルウシロカライッチョクセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1987年04月15日 
製作会社
ビジュアル・ワーク 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
67分  

高校柔道部を舞台に全国大会出場を目指す二人の女高生を描く。脚本は「赤い禁猟区 ハードコアの夜」の加藤正人、監督は「白ばら学院 わいせつな放課後」の北村武司、撮影は遠藤政史がそれぞれ担当。

スタッフ

プロデューサー
進藤貴美男
企画
角田豊
脚本
加藤正人
監督
北村武司
撮影
遠藤政史
音楽
都留教博
録音
銀座サウンド
照明
隅田浩行
スチール
野上哲夫
編集
J・K・S
助監督
渡辺努

ストーリー

白百合学園柔道部。実力ナンバー・ワンの加納はるかが練習後、シャワーを浴びている。その姿を壁の穴から覗いているのは彼女に憧れる村井小夜と山下半助だった。二人は、はるかの名を叫びながら体を重ね合い、果てていった。ある日、向かうところ敵なしのはるかにライバルが現れた。白百合学園理事長の娘、綾小路霞が転校してきたのだ。霧ははるかと乱取りを始めると、彼女を壁に叩きつけてしまう。さらに霞は、コーチの矢野をセックスをエサに自分専属にさせてしまう。一方、はるかは何度やっても霞に勝てず、矢野に退部を申し出た。しかし、矢野は、霞は強いだけだがはるかの柔道には心があると退部を思い止どまらせた。全国大会の代表者決定戦を控えたある日、ホテルで絡み合う霞と矢野。霞は矢野に、はるかを練習で試合に出られない位、痛めつけて欲しいと迫り、断れば辞めさせると脅した。矢野は霞との約束を守るべくはるかを痛めつける。しかし、歯を食いしばって頑張るはるかのけなげさに、矢野は胸をしめつけられ、内に秘めていた彼女への思いを告白してしまう。慈しむようにはるかの全身に舌をはわせる矢野は、充分に潤った陰裂に、黒々と怒張した一物をズブズブと埋めていく。代表者決定戦。霞は矢野に痛めつけられたはるかの足を狙い責めつける。霧十八番の締め技が決り、はるかは身動きが出来ない。その時、はるかは、「人間は力を入れる直前にフッと力が抜ける」という矢野の言葉を思い出した。霞がとどめをさそうとしたとき、はるかの投げ技が決った。「それまで!」ガッツポーズのはるか。矢野は、ひとり静かに去っていく。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。