日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ダーティペア
ダーティペア

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1987年 
製作会社
松竹日本サンライズ 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

WWWA(世界福祉事業協会)のトラブルコンサルタントのユリとケイが、宇宙せましと活躍する姿を描くアニメ。原作は高千穂遥の同名小説、脚本は「ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!」の星山博之、監督は「アイ・シティ」の真下耕一がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
伊藤昌典
プロデューサー
中川宏徳近藤良英
原作
高千穂遥
企画コーディネーター
高千穂遥
脚本
星山博之
監督
真下耕一
アニメキャラクター・デザイン
土器手司
作画監督
土器手司
撮影監督
奥井敦三沢勝治
メカデザイン
宮武一貴
音楽
志熊研三
美術監督
宮前光春
音響監督
千葉耕市
編集
井上和夫
主題歌
松原みき

ストーリー

西歴二一三一年、人類はワープ航法の開発により、銀河連合を形成するにいたっていた。そして、その外洋宇宙船のワープエンジンなど最新テクノロジーに必要不可欠な主要素材が特殊レア・メタル元素ヴィゾリウムである。ユリとケイは、ヴィゾリウム強奪・密売組織をつぶすため、オトリ捜査を敢行し、現場を押さえたものの、リゾートリングを破壊してしまう。ユリとケイは事件は解決しても、莫大な被害を与えてしまうのでも有名だ。そして、二人に次の任務があたえられた。ヴィゾリウムの宝庫である開拓惑星アガーナには、ウルダスとエディアの二国家がある。各々異なった体制下でヴィゾリウムの資源採掘・研究開発が行なわれているが、最近、ウルダスの実験プラントが次々と破壊されている。エディアは無関係と反発し、両国は一触即発の事態をむかえている。そこでエディアがWWWAに調査を依頼してきたわけだ。ユリとケイはラブリーエンゼルにのって、現地へ赴いた。ウルダスの閉鎖されたプラントに着いた二人は、そこで先の取引現場より逃げた男、カースン・D・カースンと出会う。敵対する彼らを、怪物が襲ってきた。一時的に協力体制をひく彼らは、この事件の背後にワッツマン教授がからんでいることを知る。ヴィゾリウムの原鉱石は古代生物サディンガの化石であり、これより新生命体を教授がつくり上げようとしていたのだ。すべてが教授のしわざだった。三人は教授の実験室のあるアジトに潜入するも、怪物(サディンガ)に又も襲われ、何を勘違いしたのか、教授はケイとカースン・D・カースンを新生命体第一号とまちがえ、二人を実験台へ。そこへ、ユリもようやくたどりつき、怪物たちもあらわれての、大乱戦。ついに教授の野望はくずれ去り、アジトは大崩壊。カースン・D・カースンに恋心をいだき出したユリ。事件は無事終り、ケイとユリのダーティペアの活躍も大成功に終ると思いきや、年代物のワインが彼らののるエア・トロッコより落ち、合成遺伝子スイッチを押したため、アガーナ全土に埋もれたサディンガ鉱石は怪物と化し、星中大混乱、アガーナは大爆発を起こして、滅んでいった。--そうとは知らずラブリーエンゼルにのって、ユリとケイは元気に今日も宇宙を活躍の場としていく--。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/02/21]

映画情報を31件更新しました。

[2019/01/30]

映画情報を19件更新しました。