日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

シニカル・ヒステリー・アワー 第3話夜は楽し
シニカルヒステリーアワーダイサンワヨルハタノシシニカルヒステリーアワーダイサンワヨルハタノシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1989年04月08日 
製作会社
エレファント・エンタープライズ 
配給会社
ヘラルド・エース日本ヘラルド映画 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
8分  

可愛くて可笑しくてクールな小学生たちの日常生活を描き、幅広い世代に人気を呼んだ漫画「シニカル・ヒステリー・アワー」の劇場用アニメーション。各7分30秒の4本が製作され、劇場での予告編のあと、メイン・プログラムの前の各回に上映された。原作者、玖保キリコが監督を務め、アニメ製作は「銀貨鉄道の夜」「源氏物語」「タッチ」「まんが日本昔ばなし」のグループ・タック、アニメ監督は前田庸生が担当、原作の独特のリズム感が見事にフィルム上に表現されている。音楽監督はジョン・ゾーン。N.Y.で音楽録音し、アート・リンゼイ(ギター)、ピーター・シェラー(キーボード)、シロ・バティスタ(ブラジリアン・パーカッション)を始めとして、4本でのべ30人以上のミュージシャンが参加、かつて日本映画にはなかった深く厚く繊細な音が完成した。企画・プロデューサーは雑誌編集者・映画ジャーナリストとして活躍する沢田康彦、コーディネーターはヘラルド・エースの吉田佳代、タイトル・デザインは祖父江慎。

スタッフ

プロデューサー
沢田康彦
監督
玖保キリコ
アニメーション監督
前田庸生
原作
玖保キリコ「シニカル・ヒステリー・アワー」
脚本
田中一彦
撮影
枝光弘明
美術
児玉喬夫
作画
江口摩吏介中島薫野村誠司村田雅彦
編集
古川雅士
音楽
ジョン・ゾーン
音響監督
田代敦巳
音響助監督
吉野勝久
効果
小林真二
録音
稲村和巳
コーディネーター
吉田佳代
タイトルデザイン
祖父江慎

出演者

ストーリー

夜9時以降起きていることを禁じられている子供ツネコちゃんの興味は、ずばり“夜ふかし”。両親が留守になったある日、しめたとばかりに夜ふかしを決行する。さてツネコに何が起こるか?

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。

[2020/08/27]

映画情報を61件更新しました。

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。