日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ドラゴンボール
ドラゴンボール

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1986年12月20日 
製作会社
東映動画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Dragon Ball  
上映時間
50分  

孫悟空とその仲間が、ドラゴンボールをめぐって活躍する冒険を描いた鳥山明原作の劇場版アニメ。脚本は「Dr.SLUMP ドクタースランプ」の井上敏樹、監督は西尾大介がそれぞれ担当。「東映まんがまつり」の1本として公開。ビデオタイトル「ドラゴンボール 神龍の伝説」。

スタッフ

製作総指揮
今田智憲
企画
七條敬三
原作
鳥山明
脚本
井上敏樹
監督
西尾大介
作画監督
前田実
音楽
菊池俊輔
美術
山本善之

ストーリー

昔から語り継がれた伝説がある。この世の中には七つのドラゴンボールが散りばめられていて、その七つを集めると神龍が現われ、どんな願いでも一つだけ叶えてくれるというのである。ここはグルメス王国。花々は踏みにじられ、優しい少女パンジは心を痛めていた。悪党のボンゴとパスタがグルメス王をそそのかしてドラゴンボールを集めようとしているのだ。一方、悟空はドラゴンボールを探しているブルマと会ったのだが、悟空のドラゴンボールをボンゴたちが奪ってしまった。ボンゴたちを追う悟空とブルマ。途中、二人は森の中で鬼に襲われているパンジを救出した。ところがこの鬼の正体は弱虫のウーロン。そこへ今度は森の盗賊ヤムチャとプーアルが現われ、悟空と決斗するのだが、女の子に弱いヤムチャはブルマの姿を見ると逃げてしまう。パンジの話を聞いて手助けしようと決心した悟空たちは、世界一強いというカメ仙人に会いに行った。カメ仙人は悟空たちを気に入り、悟空にはキント雲を、ブルマには彼が首飾りにしていたドラゴンボールを与えた。いよいよ悟空たち四人はグルメス王国に乗り込んだ。待ち構えていたボンゴたちの猛攻撃を受ける悟空たち。ドラゴンボールの秘密を知ったヤムチャも巨大化したグルメス王に向かっていった。やがて、王が六つのドラゴンボールを腹の中に隠していることに気づいたブルマが、残りの一つを王の口めがけて投げた。そして--あふれる光の中に神龍が姿を現わした。悟空はパンジに「願いを!」と叫んだ。「私の国をもとどおりにして!」。すると、国中に花々があふれはじめ、グルメス王は、もとのやさしさを取り戻したのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/01/30]

映画情報を19件更新しました。

[2018/12/25]

映画情報を18件更新しました。