日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

はぐれ刑事純情派
ハグレケイジジュンジョウハ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1989年11月18日 
製作会社
東映テレビ朝日 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
105分  

人情味あふれる中年刑事・安浦吉之助の活躍を描く。同名TVシリーズの映画化で脚本は石原武龍が執筆、監督は吉川一義、撮影は西山誠とTVシリーズと同じスタッフがそれぞれ担当。

スタッフ

製作
高岩淡小田久栄門
企画
岡田裕介桑原秀郎白崎英介
プロデューサー
和田徹東一盛藤原英一
監督
吉川一義
原案
山田信夫
脚本
石原武龍
撮影
西山誠
照明
山口利雄
美術
小澤秀高
編集
只野信也
音楽
甲斐正人
主題歌
堀内孝雄「冗談じゃねえ」
録音
柿沼紀彦
助監督
小中肇
スチール
加藤光男
進行
鎌田賢一

ストーリー

山手中央署のベテラン刑事・安浦吉之助は、妻に先立たれ、二人の娘の父親として、日夜奮闘していた。ある日、暴走族に絡まれていた長女のエリを助けた大沢という男と知り合う。大沢には奈緒子という妹がおり、妹を気遣うあまりチンピラ風な恋人・佐々木紀男と一騒動起こしてしまう。それから間も無く刑事課に紀男が殺されたという通報が入った。エリート警部補・水城の強引な捜査で大沢が容疑者として捕まるが、事件当夜、彼を見たという景子の証言で大沢は釈放された。安浦も捜査に行き詰まるが、鑑識の手掛かりによって、佐々木は女性との行為後に殺害されたことが判明した。その女は、奈緒子の友人・美希だった。美希の無実を強く主張する奈緒子は、紀男に裏切られた上、美希をも辱められ、殺人を犯したことを安浦に自白した。妹の逮捕を知った大沢は銃砲店から猟銃を強奪し、安浦の娘二人を人質にして「奈緒子を釈放しろ!」と安浦の家に立てこもった。警官に囲まれた中、単身で乗り込んだ安浦の説得により、大沢も何とか落ち着きを戻し、事件は解決したのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。