日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

べっぴんの町
ベッピンノマチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1989年10月14日 
製作会社
東映 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
103分  

少年院の教官出身というアマチュア探偵の活躍をハードボイルドタッチに描く。軒上泊原作の同名小説の映画化で、脚本は「六本木バナナ・ボーイズ」の柏原寛司、監督は「バカヤロー! 私、怒ってます」(第三話)の原隆仁、撮影は宗田喜久松がそれぞれ担当。主題歌は、柴田恭兵(「AGAIN」)。

スタッフ

企画
黒澤満
プロデューサー
服部紹男岸本一男
監督
原隆仁
原作
軒上泊
脚本
柏原寛司
撮影
宗田喜久松
照明
長田達也
美術
中村州志
編集
冨田功
音楽プロデューサー
高桑忠男
録音
細井正次
キャスティング
飯塚滋
製作担当
望月政雄
助監督
辻井孝夫

ストーリー

“私”は35才。数年前まで少年院の教官だったが、上との方針の違いで辞職し、今は神戸の町角の中国人テーラーの二階でアマチュア探偵として、口コミで入ってくる仕事の依頼を受けて生活していた。ある日田村亜紀子という女と洋上デートと洒落こんだが、そこで彼女の店・シーサイドクラブの上客である宝石商・中嶋達夫の娘を探してくれと頼まれた。娘の名は町子。数日前から姿を消してしまったのだった。数日後、少年院時代の教え子で今や若きエリートやくざ・左山集司の情報により心あたりの所へ乗り込むが、そこからもうひとりの少女・富沢令子を知る。彼女の父親は貿易商で、彼もまたシーサイドクラブの常連だった。令子の話によると、町子はある不審な男に連れ去られてしまったという。それらの情報を亜紀子に中間報告するためシーサイドクラブへ行った“私”は、そこで富沢が電話で誰かともめているのを見た。そして“私”は店を出た時、電話ボックスに不審な若い男を見つけ、後を追ったが男は車に飛び乗って逃げてしまった。だが、その車の運転をしていたのは町子だった。それから数日後富沢が投身自殺をした。しかし、左山の情報によると、富沢は自殺をするタマではないという。それどころか、富沢には田村里美という愛人を殺した事実が判明する。富沢の雇われ用心棒・佐久間から町子の居所をつきとめた“私”は、そこで町子が例の若い男と出てくるのを見た。その男は、実は里美の弟の領二だったのだ。逃げようとする二人だったが、なんとか町子をつかまえた“私”は、そのまま電話ボックスに駆け込み、亜紀子に連絡をとり、その夜に彼女と会うことになった。町子を家に送り届け、自宅に戻ったとき亜紀子から「マンションに迎えに来て」という電話が掛かった。酒落た服装で亜紀子のマンションを訪れた“私”は、その戸口で亜紀子と領二の会話を聞いてしまう。実は亜紀子も殺された里美の姉で、その復讐に富沢を殺したのだった。亜紀子からすべての真実を知らされた“私”は、パトカーで警察に連れていかれる彼女を追い、フロントガラスの外から再会の約束をしたのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。