日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

普通の女の子 性愛日記
フツウノオンナノコセイアイニッキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1985年05月22日 
製作会社
ツイン・カムジャパン・コーポレイション 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
62分  

妻子ある上司との不倫の関係に疲れ傷ついていくOLの姿を描く。脚本は白鳥洋一と監督も手掛ける佐野日出夫の共同、撮影は落合遼一がそれぞれ担当。(ビデオからビスタにブローアップ)

スタッフ

企画
進藤貴美男
脚本
白鳥洋一佐野日出夫
監督
佐野日出夫
撮影
落合遼一
音楽
中浜真二伯耆弘徳
美術
新谷裕一
録音
岩神卓郎
照明
中村友彦
編集
時田孝次
助監督
古野克己
スチール
森井美光

ストーリー

建設会社に勤める二十歳の大沢直子は友人、庄野ユキと二人でマンンョンに暮らしている。直子は会社の課長、三田村と不倫の関係を続けていた。会社では二人の関係を隠していたが、ある日、突然、上司に呼ばれ、二人の仲を問いつめられる。同僚の女の子に告げ口されたのだ。デートの日と決めている月曜日、直子は三田村から二人の関係は妻にまで知られたことを聞かされる。「家を出て二人で暮らそう」と言う三田村だが、口先だけで裏切られた直子は会社を辞める決意をする。数日後、三田村がマンションに現れ、眠らせてくれと言う。会社の金を使いこみ、その金策に疲れはてていたのだ。直子はホテトル嬢として働き、二百万円を三田村に渡した。そのころになると、三田村の妻洋子から直子にいやがらせの電話が何度も入った。直子の父がやって来て、寝込んでいる母親に心配をかけるなと言う。直子は三田村とペンションに出かけるが、そこにまで洋子から電話が入る。妻と笑いながら電話で話す三田村に、直子は別れる決意をする。直子は三田村の太股に果物ナイフを突き刺すとペンンョンから出ていく。町を歩く直子は、“死んじゃおうかな”と咳き、電車に飛び込もうとする。と、その時、直子の腕を強い力でつかみ、助ける男がいた。直子はその好青年、紀彦と楽しそうに町を歩いていく……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。