日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

コンクリート
コンクリート

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2004年07月03日 
製作会社
アムモベンテンエンタテインメント 
配給会社
ベンテンエンタテインメント 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

1989年、無職の少年たちが女子高生を41日間にわたって監禁し、乱暴した末殺してドラム缶にコンクリート詰めにして都内の埋立地に捨てるという事件が発生、日本中を震撼させた。事件の全貌が明らかになるにつれ、少年らを取り巻く家庭環境の異様さがクローズアップされ、少年法改正議論が巻き起こった。渥美饒兒のノンフィクション『十七歳、悪の履歴書』を基に、衝撃の事件をフィクションとして再構成。当初2004年5月に劇場公開が予定されていたが、内容を巡って一部に激しい公開阻止運動が起こったため、一度は公開が中止されるという事態になり、その後劇場変更の末に公開されるといった経緯でも話題になった。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
倉谷宣緒
製作
小田泰之
企画
小田泰之
プロデューサー
莟宣次
構成
中村拓
原作
渥美饒兒
脚本
菅乃廣
撮影
倉本和比人
音楽
西村麻聡

ストーリー

空き地の停まる1台のワゴン。テープランプの赤色に、3人の少年の姿が照らし出される。3人は、大きな旅行バックをドラム缶に入れ、コンクリートを流し込む。翌朝未明。朝霧が漂う埋立地に、そのドラム缶は哀しく横たわっていた…。高校を中退した少年、大杉辰夫。彼はタイル張りの職に就き、恋人・佳代子と同棲を始める。結婚を約束した2人だったが、辰夫は粗暴な振る舞いで鑑別所送りになるなど不安定な生活が続く。やがて、辰夫は仕事を辞め、ヤクザの下請けとして働くようになり、尾崎弘明、池田智巳らとともに少年たちを束ね、ヤクザの下部組織“龍神会”を結成する。しかし、自分たちが組に利用されているだけと知った辰夫たちは、その苛立ちと、シンナー中毒による感覚の麻痺によって次第に行動をエスカレートさせていく。ある日、辰夫は帰宅途中の女子高生・美咲に目を付けるとホテルに連れ込みレイプするのだった。事件の発覚を恐れた彼らは、美咲を池田の自宅に監禁する。美咲に対する虐待はエスカレートし続け、出口を見失った少年達の暴走は、やがて残酷な結末に向かってゆく……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ステレオ

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。