日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

コータローまかりとおる!
コータローマカリトオル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1984年08月04日 
製作会社
東映 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

強くて、天真爛漫な学園のスーパー・ヒーローが巻き起こす事件の数々を描く青春コメディー。『少年マガジン』に連載中の蛭田達也原作の同名漫画の映画化で、脚本は「伊賀野カバ丸」の志村正浩と同作の鈴木則文の共同執筆。監督は「パンツの穴」の鈴木則文、撮影は「伊賀野カバ丸」の北坂清がそれぞれ担当。

スタッフ

プロデューサー
豊島泉厨子稔雄佐藤公彦
企画
佐藤雅夫千葉真一
原作
蛭田達也
脚本
志村正浩鈴木則文
監督
鈴木則文
撮影
北坂清
音楽プロデューサー
高桑忠男
音楽
佐久間正英
美術
佐野義和
録音
平井清重
照明
安藤清人
スチール
中山健司
編集
市田勇
助監督
萩原将司
舞踊振付
藤間紋蔵
洋舞振付
謝珠栄
主題曲
黒崎輝&ジャック・ブラザーズ

ストーリー

コータローこと新堂功太郎は私立鶴ヶ峰学園の旋風児。腰に届こうかという頭髪条例違反の黒髪を伸ばし、学内騒乱の常習者として常に風紀委員に追いかけられ、学園新聞のトップ記事を飾っている。コータローの存在に業を煮やした生徒会長タラコは、彼の長髪に賞金百万円をかけた。生徒達は皆ハサミを持ちコータローを狙う。風紀委員会特別機動隊々長、ツルツル頭の天光寺輝彦の入れこみようは大変なものだった。だがコータローは自らその髪を切りタラコに百万円を要求する。その話し合いに現われたのは風紀委員長であり、日本舞踊部の部長でもある学園一の二枚目吉岡達也であった。コータローは吉岡の法理論の前に百万円をあきらめざるを得ない。その頃学園の裏組織=蛇骨会がコータローと天光寺を狙い始めていた。蛇骨会は剛武流空手部を使いコータロー潰しにかかり、コータローは、空手部道場で百人を相手に闘う。天井裏からそれを見守る天光寺と蛇骨会の殺し屋砂土屋峻平。コータローの幼馴染であり、風紀委員の渡瀬麻由美も駆けつける。遂に空手部部長、鬼島一誠との一騎討ちとなり、コータローの前に鬼島は敗れた。鶴ヶ峰学園にムーア公国のプリンセス・クララが留学してきた。とたんに、プリンセス留学中、彼女が着用しているパンティを頂戴するという、コータローの宣誓文が貼り出された。クララはコ一タローのスカートめくりを気に入り、コータローの主宰する極端流空手部に入部するが、突然、ムーア国王が急病で倒れ、帰国することになった。別れの日、クララの乗ったマイクロライトからコータローへのプレゼント、パンティが舞い落ちて来た。数日後、蛇骨会は麻由美を人質にコータローを時計塔に呼び出す。蛇骨会の会長、妖艶な美女紅バラは、コータローを次期会長候補にしたいと言い渡した。断わったコータローは、紅バラと闘い、彼女の真の姿を知る。それは変装した吉岡だった。その頃、次期会長を狙っていた砂土屋は、腹いせに時計塔を爆破させようとする。逃げ道を失ったコータローは、麻由美を抱いて時計塔の窓からプールへと着地を試みた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。