日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ときめき海岸物語
トキメキカイガンモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1984年08月04日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

南紀州・新宮の漁港を舞台に、プロのサーファーをめざす青年の姿を描く。脚本は堀本卓と「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎」の朝間義隆、監督は「えきすとら」の朝間義隆、撮影は「彩り河」の花田三史がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
名島徹
脚本
堀本卓朝間義隆
監督
朝間義隆
撮影
花田三史
音楽
榊原光裕
美術
芳野尹孝
録音
小林英男松本隆司
照明
山ノ上実
スチール
清水紀雄
編集
後藤彦治
助監督
梶浦政男
主題曲
富田靖子

ストーリー

南紀州・新宮。ここは全国でも有数のサーフィンのメッカだ。シーズンともなると各地からサーファーが集まってくるが、都会サーファーたちはマナーが悪く、浜は汚すし、住民に迷惑をかける。地元の高校生サーファー仲間の高岡と星野は隣の漁港・太地からやってきた山口と協力して彼らの車のタイヤをパンクさせたり、ナンバープレートを曲げたりと仕返しをする。これをきっかけに高岡と星野は、すっかり山口と意気投合した。その後、彼らはたまり場である食堂「つたや」に集まっては、サーフィンに対する熱い思いを語り合うのだった。この食堂の親父・杉本宏造の一人娘・春江は、山口に対して心魅かれていく。高岡と星野は、プロ級の腕を持つ山口に、湘南で行われるサーフィンの全日本選手権大会に出場するように推めるが、母親が旅館の女中をしており、自らも漁師として母子家庭の生計をたてている山口には、そんな暇も金もない。山口の仕事であるハエナワ漁も大都会の近代企業の波が押しよせさびれるばかりで、彼は転職して高木モータースの整備工として勤めるようになる。仕事に打ち込むようになっていく山口であったが、心はサーフィンが出来ず淋しかった。そんなおり離婚をして、今は大阪にいる母親・阿部節子に、春江が引き取られていった。高校に行けず苦労している春江を思って大阪の女子高に通わせるのだという。春江は「山口君が好きだった」と囁く様に言葉を残して去っていった。一方、山口は高木モータースの社長と口論し整備工場をやめてサーフィン大会へ出場する決意を固めた。山口の特訓が、高岡、星野らの協力で始まった。そんなある日、春江が突然帰って来た。高校での成績もおくれを取り戻す事が出来ず、母親の「勉強! 勉強!」という言葉にもついていけなかったのだ。湘南の大会が近づいて来た。先輩・立中に励まされ、春江、高岡、星野らの見送りを受けて故郷を後にした山口は、汽車の窓から春江に愛を告白する。彼の前には大いなる波が待ち受けていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました