日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ルージュ(1984)
ルージュ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1984年08月10日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
95分  

石井隆原作の名美と村木のシリーズで、輪姦されるところをビデオに撮られてしまった女の姿を描く。脚本は「縄姉妹奇妙な果実」の石井隆、監督は「美少女プロレス 失神10秒前」の那須博之、撮影は「誘拐報道」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
元村武
企画
山田耕大
プロデューサー
木村博人桜井潤一
原作
石井隆
脚本
石井隆
監督
那須博之
撮影
姫田真佐久
選曲
佐藤富士男
美術
渡辺平八郎
録音
福島信雅
照明
木村誠作
スチール
目黒祐司
編集
山田真司
助監督
池田賢一

ストーリー

女性週刊誌「ツイン」の編集部でカメラマンの勉と記者の引田が「ルージュ」と題された裏ビデオを見ている。コピーにコピーを重ねた不鮮明な画像を通しても、そこに映された女は美しかった。何者かが、この女を知っている、情報を買わないかとタレ込んで来たのだ。編集部はこの女を取材することを決め、彼女の住む横浜のマンションを訪ねた。前野陽子と表札のある部屋の女は、勉たちの意図を知るとにべもなくドアを閉めた。数日後、女から取材に応じると電話が入った。女の話によると、彼女は大手広告代理店の制作局長夫人であったが、夫が目をかけるディレクター村木がサラ金地獄のカタにビデオを撮ったのだという。勉は女に惚れ、デートを重ね編集部に写真の提出を拒んだ。見かねた引田は勉を横浜にある場末のバー「サガ」に連れていくと、そこには女と、彼女を騙した村木がいた。女の名は土屋名美という。数日後、どしゃぶりの雨の中で勉は店から出て来る名美を待っており、彼女にジッポのライターをプンゼントするのだった。名美は勉の好意を受け入れ、二人は唇を重ねる。村木には名美の他に明香という愛人がおり、クラブのママをしている彼女も村木との希望のない愛に疲れきっていた。明香は、村木と名美の部屋で「ルージュ」のビデオを見ると、そこに映っているのは、名美の恥態ではなくて、村木が撮った名美の美しいCFと、彼女が犯されるところをかばい、指を切られる村木の姿があった。これを見た明香は名美から村木を奪うことをあきらめた。名美のバーに夫の土屋が現れ、離婚届と金を投げ出すと、激しく彼女をののしる。村木も客たちをたきつけ、名美をからかう。夫や村木に絶望した名美は勉を探し、ホテルで食事をする。酔った勉が眠ってしまうと、名美はホテルを抜け出し、バーにいる村木を包丁で刺した。名美は血に濡れたライターを取り上げる。勉が目覚めたとき、名美はホテルに戻っていた。テレビのニュースで村木の死を知った勉は彼女をオートバイに乗せて海に向かった。名美の泳ぐ姿を見ていた勉は、側にあったライターを手に取ると、まだ固りきらない血が付着していた。あわてた勉は海に向って名美の名を叫んだ。うしろから「どうしたの」と言う笑顔の名美がいた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。