日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

メイン・テーマ
メインテーマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1984年07月14日 
製作会社
角川春樹事務所 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

沖縄を舞台に、元幼稚園の先生とマジックを修業中の青年とが結ばれるまでを、二人に関係する中年カップルの恋を交錯させて描く。片岡義男原作の同名小説の映画化で、脚本、監督は「ときめきに死す」の森田芳光、撮影は「人魚伝説」の前田米造がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
角川春樹
プロデューサー
中川好久
原作
片岡義男
脚本
森田芳光
監督
森田芳光
撮影
前田米造
音楽プロデューサー
高桑忠男石川光
音楽
塩村修
美術
中澤克巳
録音
小野寺修
照明
矢部一男
スチール
小島由起夫澤井秀夫
編集
川島章正
助監督
金子修介
マジック監修
二代目引田天功
マジック指導
平岩白風
主題曲
薬師丸ひろ子

ストーリー

小笠原しぶきは、先日まで幼稚園の先生だったがふとしたことでやめざるを得なくなり今は失業中。房総の海岸で、彼女は4WDのピックアップで全国をマジック修業にまわっているという大東島健と出会い、ひょんなきっかけから彼の4WDで一緒に旅をすることになる。しぶきの目的地は大阪。元、自分の受け持ちの園児で、父親の転勤で大阪へいってしまった御前崎カカルに会うのが一応の目的ではあるが、カカルの父親・渡に、以前から心魅かれるものがあったことも動機のうちだった。しぶきと健の旅が始まったが、何かとソリの合わない二人は道中ケンカばかりしている。浜松で、しぶきが健の叔父のマジック・ショーを手伝わされている頃、健は伊勢雅世子というジャズ歌手と出会い、ドライブを楽しんでいた。雅世子は渡と長い関係にあるのだが、しぶきはそのことは知らない。健は雅世子の大人の魅力にすっかりまいってしまい、しぶきはそんな彼の様子をみて小さな嫉妬を感じる。健の4WDは大阪に着いた。別れ際、しぶきはシャツをプレゼントし、健は故郷の沖縄へ向った。御前崎の家をたずね、カカルとの再会を楽しむしぶきだったが渡の妻に対する気がねなどがあり、長居はできなかった。そして、彼女は健のことが心にひっかかり、沖縄に住む姉夫婦を訪ねることにする。一方、雅世子は、歌手生活にピリオドを打つ決心をし、最後のステージを故郷の石垣島に近い沖縄でしめくくろうと向った。また、それを知った渡も沖縄へ飛んだ。しぶきは健、雅世子は渡とそれぞれ再会する。渡がしぶきを訪ねて来た。しぶきは想いを打ち明けるが、子供扱いされる。ある日、しぶきはレストランで雅世子と親しそうに話す渡を見てショックをうける。万座ビーチの海開き、健のマジックショーが行われた。その後、健と雅世子が連れ立って行くのを見たしぶきは、二人がキスするのを目撃、雅世子に渡のことを持ち出し、つっかかる。そして、健にも意地を張った。雅世子に呼び出されたしぶきは、彼女から渡と別れたことを聞く。幼稚園に就職したしぶきのもとに、健が誕生日のお祝いに駆けつけた。二人はお互いの気持ちを確かめ合い、ホテルに向かうが道路は渋滞。ラジオから雅世子のラストコンサートの実況中継が流れる。石垣島、畑仕事をする雅世子のもとに渡が現れる。一方、しぶきと健は、万座ビーチホテルへ腕組みして入っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。