日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

キキとララの青い鳥
キキトララノアオイトリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1989年07月23日 
製作会社
サンリオ 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
60分  

キキとララがチルチルとミチルに扮する童話「青い鳥」の映画化。脚本は寺田憲史、監督は「スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!」の波多正美がそれぞれ担当。

スタッフ

製作総指揮
吉川隆治辻信太郎
プロデューサー
波多野恒正平井真理子
総監督
波多正美
作画監督
松山まや
キャラクターデザイン
松山まや
脚本
寺田憲二
美術
阿部行夫
編集
高島健一
音楽
北山良

出演者

ストーリー

ある国にチルチルとミチルという仲のよい兄妹が住んでいた。ある晩老婆が訪ねてきて、病気の娘のために人を幸せにする青い鳥を探してほしいと言う。老婆はふたりに魔法の帽子をくれ、それについたダイヤモンドを回すといろいろ不思議なことが起こった。老婆は美しい女王になり、犬のチロウや猫のチレットは口が利けるようになり、ミルクの精や火の精、水の精などの妖精が現われた。チルチルとミチルはみんなの協力を得て、初めに思い出の国へ行った。そこでふたりはおじいさんとおばあさんに再会するが、青い鳥は見つからなかった。夜の宮殿では、恐ろしいバイキン軍団に襲われたが、危機一髪のところで魔法の帽子に助けられた。ぜいたくの御殿では、お金持ちがパーティを開いてふたりを招待してくれたが、ご馳走を食べると、人間は記憶を失ってしまうのだった。青い鳥が見つからず途方に暮れるふたりだったが、その時突然、光の精やチロウ、チレットが走り出した。チルチルとミチルが目を覚ますと、そこは自分の家で、幸せの青い鳥はすぐ目の前にいたのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。