日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ニャンニャン娘
ニャンニャンムスメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1984年06月15日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
57分  

平凡な生活に退屈する若妻がかつての恋人と再会して強盗の旅に出る姿を描く。脚本は廣木隆一と才賀忍の共同執筆、監督は「トルコの48時間」の中村幻児、撮影は佐々木原保志がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
才賀忍
企画助手
沢木毅彦
脚本
廣木隆一才賀忍
監督
中村幻児
撮影
佐々木原保志
照明
金沢正夫
スチール
田中欣一
編集
田中修
助監督
井上潔

ストーリー

チンピラの和男は拳銃不法所持を見つかり警官を撃ってしまい、故郷に逃げると、あるドライブ・インに入った。そこはかつての恋人、麻紀が夫と二人で切り盛りしている。迷惑顔の麻紀に遠慮した和男は、昔の仲間で、現在は自動車解体屋を経営する健一のところに転り込む。健一は和男を歓迎するが、妊娠中の妻の美子はイライラしている。再び和男は麻紀を訪ねると、平凡な生活に飽き足らない彼女は、店を飛び出して、昔のように遊ぼうと言う。二人はとりあえず健一の家に行った。退屈する麻紀はスーパーに入るとレジの女にピストルを向け、現金を奪う。麻紀に挑発された和男もガソリンスタンドを襲撃する。二人はラブホテルに入ると激しく体を重ねた。健一と寝たと麻紀が告白すると、怒った和男は彼の家に乗り込み、美子を犯す。そこへパトカーがやって来て家を包囲するが、ライフルを発砲する麻紀の表情は、生生と輝いていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。