日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

愛欲の日々 エクスタシー
アイヨクノヒビエクスタシー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1984年05月25日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
61分  

駅のホームで出会った喪服姿の見知らぬ男女が、そのままホテルに行って愛欲にふける姿を描く。脚本、監督は磯村一路、撮影は長田勇市がそれぞれ担当。

スタッフ

プロデューサー
結城良煕
企画
栗原いそみ
脚本
磯村一路
監督
磯村一路
撮影
長田勇市
音楽
坂口博樹
美術
細石照美
録音
ニューメグロスタジオ
照明
長田達也
スチール
目黒祐司
編集
菊池純一
助監督
米田彰

ストーリー

北鎌倉の駅のベンチに黒の礼服を着た北川徹が座っていると、同じ喪服を着た小山恵美子という女が隣りに座り、「せいせいしたわ……」と呟く。恵美子は徹が同じ葬式に出席したと勘違いしたのだ。奇妙な出会いをした二人はそのままホテルに行くと体を重ねた。徹は離婚した妻のもとにいる最愛の娘を病気で亡くしたのだ。一方、恵美子も妻のある男と恋愛関係にあったが、男はふんぎりがつかないで離婚届けに判を押せず、そうこうしているうちに自動車事故で死んでしまった。翌日も列車に乗った二人は、ある駅で降りるとホテルに入り、激しく求め合う。恵美子は再出発のために、過去を忘れようと恥ずかし気もなく体を開く。やっと二人は別れようとするが、徹は娘の形身の歯をホテルに忘れ、恵美子も風邪で熱を出して寝込んでしまう。恵美子は徹の寝ずの看病に心を惹かれていく。やがて恵美子の熱も下がり、歯も見つかり、二人は晴れやかな表情で教会に向かっていく。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。