日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

不純な関係
フジュンナカンケイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1984年05月11日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
72分  

一人の男をめぐって生きる三人の女の姿を描く。脚本は「美加マドカ 指を濡らす女」の斎藤博、監督は「春情夢」の西村昭五郎、撮影も同作の山崎善弘がそれぞれ担当。

スタッフ

プロデューサー
三浦朗
企画
山田耕大
脚本
斎藤博
監督
西村昭五郎
撮影
山崎善弘
音楽
大野克夫
美術
渡辺平八郎
録音
福島信雅
照明
加藤松作
スチール
目黒祐司
編集
鍋島惇
助監督
北村武司

ストーリー

小島光夫は三人の女と付き合っている。かつて子供も堕ろしたことがあり、過去の女になりつつあるリエ、ほとんど相手にされない妻の怜子、愛人の若い娘、みよ子の三人だ。ある日、怜子は光夫の友人の中井と、夫の浮気を調べにリエのアパートに行く。怜子とリエは激しく口論を交すが、やがて二人は絡み合っていく。二人は、光夫の心がみよ子に移っていることを知り、なぐさめあうのだった。その頃、光夫はみよ子とベッドでまさぐりあっていた。「子供が出来てもいいから中に出して」と迫るみよ子。しかし、光夫はリエとも怜子とも体を重ね、四人の関係は続いた。そして、みんなが集まった酒場で、怜子は光夫のひざの上に乗り、股間をうずめるのだった。怜子は「やり直すのよ……」と腰を動かしはじめた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。