日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

化粧
ケショウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1984年05月12日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Make-Up  
上映時間
136分  

京都の老舗の料亭を舞台に、そこの女将と美しい三姉妹がくり広げる様々な生き方を描く。渡辺淳一原作の同名小説の映画化で、脚本は「魚影の群れ」の田中陽造、監督は「無宿人御子神の丈吉 黄昏に閃光が飛んだ」の池広一夫、撮影は「きつね」の坂本典隆がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
脇田雅丈
プロデューサー
小坂一雄
原作
渡辺淳一
脚本
田中陽造
監督
池広一夫
撮影
坂本典隆
音楽
池野成
美術
西岡善信重田重盛
録音
島田満小尾幸魚
照明
八亀実
スチール
金田正
編集
後藤彦治
助監督
長尾啓司
脚色
長尾啓司
主題曲
松坂慶子

ストーリー

京都・原谷。料亭・蔦乃家の三姉妹、頼子、里子、槙子と女将のつねが、里子の夫で婿養子の菊雄を交え桜の咲き乱れる中、甘酒を飲んでいる。一行は二十歳で自殺した頼子の双子の・姉・鈴子の墓参りの帰りであった。忘れ物をして墓に戻った頼子は、そこで鈴子を自殺に追いやった男・熊倉と出逢う。鈴子の分身であった頼子にとって、彼は心底憎い男だった。つねは幾代も続いた老舗・蔦乃家の娘で芸妓となり、やがて京大の助手をしていた青年と恋をした。彼女は青年の子を宿していたが、生木を裂くようにして別れさせられ、生まれたのが鈴子と頼子である。そして、婿をとったつねは、里子と槙子を儲けるが、夫は幼い子供たちを残して他界したのだった。東京・銀座でクラブ・アジュールのママをしている頼子のもとに、熊倉が現われる。彼は昔、祇園で遊んでいた頃と変り、商売に失敗し落魄れはてていた。蔦乃家の若女将である里子は、男らしさに欠ける菊雄に満たされないものを感じていた時、東京のコンピュータ企業の専務・椎名と出会う。七月、里子は椎名に逢うため、友人の結婚式を口実に上京し、愛を確かめあった。槙子は、東京の女子大で気ままな学生生活を送っていたが、マリファナを吸った容疑で警察に捕まり、実家に戻される。熊倉がある晩、大協デパートの経営者秋山を連れてアジュールにやって来た。数日後、彼に呼び出された頼子は、秋山と一晩だけつきあってくれと懇願される。それは、熊倉が大量に買いつけた品物を、秋山が買い取ってくれるための条件であった。復讐心の湧いた頼子は、熊倉との取引きをやめたら、一度だけいうことを聞くと秋山に告げた。里子との仲を知られた椎名は、マニラにとばされたが、里子は椎名の子を身篭っていた。槙子が銀行の頭取の息子小泉志郎と結婚することになり、結納を交わした日の夜、里子は、つねにお腹の子の父親を打ちあけた。驚いたつねは怒り彼女を許さなかった。里子は家を出て、自力で子供を育てる決心をする。頼子は店の改築を頼んだ若いデザイナー日下に好意を持つ。熊倉が自殺したと知らされた日、彼女は日下と結ばれた。数日後、日下が熊倉の息子だと知った頼子は、激しい自責の念に襲われ京都に戻り、滝にうたれるのだった。菊雄は蔦乃家から出たいとつねに頼んだ。春になり、桜見物に出かけたつね、頼子、槙子のもとに、男の赤ん坊を抱いた里子が現われ、つねと和解するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。