日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

セクシー・オーラル 浮気な唇
セクシーオーラルウワキナクチビル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1984年02月17日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
51分  

昼はブティックに勤め夜はセックスゾーンで働く若い女性を描く。脚本は「宇能鴻一郎の濡れて騎る」の池田正一、監督は暫くの間プロデューサーをしており「背徳夫人の欲情」以来4年ぶりの林功、撮影は倉本和人がそれぞれ担当。

スタッフ

プロデューサー
村井良雄
製作
日本トップアート
脚本
池田正一
監督
林功
撮影
倉本和人
音楽
ペギー・ミラー
美術
高槻彰
録音
ニューメグロスタジオ
照明
石部肇
スチール
竹内健二
編集
菊池純一
助監督
中村光徳

ストーリー

ブティックで働くファッショナブルななつみは同僚でレズの八千代の熱い視線を毎日浴びている。八千代のレズの相手、由加利は最近、八千代が冷たくなったので友だちの昌夫にしらべてもらう。ある日、ナツミが店を出ると、そのあとを八千代が尾け、さらに八千代を由加利と昌夫が追う。ピンクゾーンに入ると八千代はまかれてしまい、由加利は偶然を装って八千代に声をかける。その頃、ナツミはフェラチオで男の客をイカせる店で働いていた。一方、八千代から別れ話を聞かされた由加利は、体を許すことを条件に昌夫に復讐の協力を頼む。男たちのザーメンを浴び、仕事を終えたナツミは自分の部屋に帰ると、ダッチワイフの局部に大人のオモチャを付け、オナリはじめる。数日後、ナツミの部屋に忍び込んだ八千代はダッチワイワを見つけると、納得したかのようにそのまま部屋に隠れた。仕事を終えて、いつものようにダッチワイフでオナろうとすると、それは八千代で、ナツミは彼女のテクニックで絶頂に昇りつめる。男に強姦され男嫌いになった八千代、男に騙され、男から金を巻き上げることばかり考えるナツミ。部屋から八千代が出ると、昌夫に連れ去られ、真珠が6個入ったアレで責めたてられる。数日後、昌夫はナツミにも襲いかかるが、とても素敵、忘れられなくなりそう、お金を上げるからまた来てと彼女に言われる。ナツミは独立して「フェラチオの部屋」を開店することになり、引越しの準備をしていると、再び昌夫が現れ、彼女は昌夫の一物を口に含む。そのとき、ナツミは花ビンに瞬間接着剤をぬり、昌夫のアレにはめこんでしまう。ナツミは悲痛な声をあげる昌夫を残して、引越しのトラックに乗り込むのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。