日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

伊賀野カバ丸
イガノカバマル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1983年08月06日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
95分  

伊賀の里から東京の名門校に転入してきた忍者の奇想天外な活躍を描くアクションコメディ。別冊マーガレットに連載された亜月裕の同名漫画の映画化で、脚本は長崎行男と「吼えろ鉄拳」の志村正浩、本作品の監督も兼ねている同作の鈴木則文、撮影は「人生劇場(1983)」の北坂清がそれぞれ担当。主題歌は、黒崎輝、高木淳也、真田広之(「青春まるかじり」)。

スタッフ

企画
佐藤雅夫千葉真一鈴木則文
脚本
鈴木則文
監督
鈴木則文
プロデューサー
豊島泉厨子稔雄佐藤公彦
原作
亜月裕
脚本
志村正浩長崎行男
撮影
北坂清
音楽
羽田健太郎
美術
佐野義和
録音
荒川輝彦
照明
渡辺喜和
スチール
金井謹治
編集
市田勇
助監督
藤原敏之
主題曲
黒崎輝
主題歌
高木技淳也
主題曲
真田広之

ストーリー

人里離れた伊賀の山中、カバ丸は祖父の才蔵に一人前の忍者になるよう鍛えられた。ある日、ひょんなことから才蔵が亡くなり、彼の遺言でカバ丸は、東京の名門校金玉学院の理事長、大久保蘭を訪ねる。蘭はかつて才蔵の恋人で、いまだに思いを断ち切れないでいた。カバ丸は、大久保家から金玉学院に通うことになり、大食、野蛮、不潔の三拍子揃った彼に大久保家は大騒ぎ。番長の白川をやっつけたカバ丸は、ある日生徒会長、目白沈寝に呼び出される。彼は、外見は優等生、裏にまわると鞭の名人で女子学生の憧れの的であり、蘭の孫娘、麻衣もその一人だった。沈寝からライバル王玉学園打倒に協力してくれと頼まれたカバ丸は、好物焼ソバと交換条件で承諾する。王玉学園との剣道大会の日、遅れてきたカバ丸と戦った相手は、伊賀の里で一緒に技を競った霧野疾風で、彼は才蔵の厳しさに逃げだしたのだった。ある日、金玉学院は、体力強化合宿を企画、蘭に連れられ、着いた場所は、伊賀の里。そこで食料が盗まれる事件が起きる。犯人は才蔵で、それを知った蘭はある夜、才蔵に会い、彼がカバ丸の成長のために死んだことにし、東京に行かせたことを聞く。合宿を終えた学生たちは、王玉学園との勝負のため京都へ。そこで、麻衣に想いをよせる王玉学園理事長の息子前島秀のボディガード帆立暴力団黒卍組の一行は、「坊ちゃまのため」と麻衣を誘拐する。急いで追うカバ丸、いつしか彼らは、京都太泰映画村に紛れ込み、沈寝、疾風も一緒になって麻衣を救出した。そして王玉と金玉の勝負の決着として双方の代表者の近代五種競技で競うことになった。カバ丸と疾風の勝負が始まった。互角の戦いの末、勝配はカバ丸にあがった。そこに死んだはずの才蔵が現われ、カバ丸と疾風に伊賀に帰って修業のしなおしを告げる。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。