日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ズームアップ 卒業写真
ズームアップソツギョウシャシン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1983年03月25日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
70分  

アルバイトでビニ本のモデルをやる女子大生の姿を描く。脚本は「時代屋の女房」の荒井晴彦、監督は「聖子の太股 ザ・チアガール」の川崎善広、撮影は「肉奴隷 悲しき玩具」の米田実がそれぞれ担当。

スタッフ

プロデューサー
中川好久
企画
成田尚哉小松裕司
脚本
荒井晴彦
監督
川崎善広
撮影
米田実
選曲
佐藤富士男
美術
坂口岳玄
録音
木村瑛二
照明
田島武志
スチール
野上哲夫
編集
山田真司
助監督
加藤文彦

ストーリー

アルバイトでビニ本のモデルをやった女子大生の陽子は、担当の編集者佐久間に次の仕事も頼まれた。二度目の撮影では、陽子はルミという女とレズシーンを撮り、アヌスに一ダースの鉛筆を突込むことも平然と出来るほど、ビニ本のモデルにも慣れたようだ。そのとき、陽子は佐久間が来てないことを訊くと、カメラマンの男は、彼はウラ本の会社に移ったという。ある日、陽子がビニ本のモデルをやっていること知った大学生のボーイフレンド直也は、彼女を連れて出版社に怒鳴り込みに行くが、編集長の北見は他人の空似だと相手にしない。そこへ陽子ソックリの女、純子が現れ、直也は納得して帰ろうとする。ところが、純子も、ビニ本に文句を言いにきたのであり、直也は陽子がモデルだったことを確信する。三度目の撮影の相手はあの純子だ。彼女は高校二年生で、ビニ本を見た同級生に輪姦されていたのだ。陽子は佐久間に誘われ四度目の撮影をやることにする。それは当然ウラ本である。数日前、陽子は女扱いのうまい持続力のある佐久間に魅了され、何度も絶頂に登り、彼の口車に乗せられてしまったのだ。撮影が始まると、ヴァギナやアヌスにバナナやスリコギまで突っ込まれ、最後は手まで挿入され、膣内でグー、チョキ、パーと動くたびに、陽子は快感に震えた。そして、佐久間を相手に絡みが始まったころには、カン高いシャッター音も陶酔する陽子には聞こえなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。