日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

襲われる女教師
オソワレルオンナキョウシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1983年02月04日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
68分  

レイプされたことが原因で恋人とも別れ、その傷を、セックスでうめようとする女教師の姿を描く。脚本は「宇能鴻一郎の姉妹理容室」の桂千穂、監督は「黒い下着の女」の斉藤信幸、撮影は「恥辱の部屋」の野田悌男がそれぞれ担当。

スタッフ

プロデューサー
秋山みよ
企画
進藤貴美男
脚本
桂千穂
監督
斉藤信幸
撮影
野田悌男
選曲
細井正次
美術
金田克美
録音
伊藤晴康
照明
木村誠作
スチール
野上哲夫
編集
井上治
助監督
児玉高志
ピアノ指導
上野玲子

ストーリー

某高校の音楽教師を勤める英子は、大学時代にレイプされたことがあり、それが原因で恋人とも別れ、その傷を愛のないセックスで癒そうとしている。ある日、英子は同僚の白石に車で送ってもらうが、彼は車を空地に停めると、ウィスキーの小瓶をあおり、激しく彼女を求めた。最初は無抵抗だった英子だが、理性を失いかけた白石に嫌気がさし、車から降りてしまう。翌日、非礼を詫びる白石にレストランに誘われた英子は、そこで、別れた恋人の今井に出会い、電話番号を教えると、そのまま別れた。英子は白石に何度もプロポーズされており、気持ちは傾いているのだが、最後の踏ん切りがつかない。セックス・フレンドの純一との快楽にも心の空白は埋められない英子は今井をアパートに呼び出した。その頃、学校では、登校してこない英子に白石は気をもんでいた。白石に思いを寄せている保健医の一美は、そんな彼の姿にほくそ笑んでいる。一美にとって、英子と今井の再会は嬉しい出来事だった。三日後、英子と今井はまだベッドの中にいた。二人は、何十回ものセックスに耽けっていたのだ。妻子のある今井は、このまま二人で逃避行しようと言いだすが、英子は乗り気になれない。学生時代は憧れだった今井も、今では普通の男と変らなく見えてしまう。部屋から出ていく今井を、英子は見送ろうともしなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました