日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

愛と平成の色男
アイトヘイセイノイロオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1989年07月08日 
製作会社
光和インターナショナルバンダイ松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
96分  

昼は歯科医、夜はサックス奏者のプレイボーイと4人の女性の恋愛模様を描く。脚本・監督は「「バカヤロー!2 「幸せになりたい。」」」(総指揮・脚本)の森田芳光、撮影は「オルゴール」の仙元誠三がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
鈴木光
企画
鈴木光
プロデューサー
青木勝彦
監督
森田芳光
脚本
森田芳光
撮影
仙元誠三
美術
今村力
編集
川島章正
音楽
野力奏一

ストーリー

長島道行、35歳。昼間は妹のルリ子を看護婦に歯科医を開業しており、夜はジャズクラブでアルトサックス奏者として働くプレイボーイ。女は好きだが、結婚はしたくなかった。今の恋人、真理との仲は佳境を過ぎてマンネリ気味。しかも結婚を迫られたので、いつものようにルリ子に新興宗教にかぶれた妹を演じさせて別れたのだった。最近不眠症に悩まされている長島は、自分をぐっすりと眠らせてくれるいい女を求めていた。そんなある晩長島はディスコで由加という昼は画廊に勤め、夜はクラブで働いている女と出逢った。そしてさっそく名刺を渡し、病院へ来るように言った。数日後、由加は長島の思惑通り歯の治療にやって来た。長島の大学時代の同級生で歯科医の神山は由加と友人で婦警の百合とゴルフの練習場にいた。それを見つけた長島は偶然の再会を装い、由加を家まで送っていった。長島は由加と親密な関係になりながら、百合ともつき合っていた。しかし、由加と百合が病院で鉢合わせしてしまい大騒ぎ。長島は都会の喧騒を逃れ、一関のジャズクラブでサックスを吹き、日本的な純情娘、恵子と知り合った。彼女は「自分を変えてほしい」と東京へついて来てしまう。長島は由加と百合と別れるために、恵子を妻として紹介したが、二人は「妻子がいてもいい」と言い出し、また恵子とも本気になってしまった。あくまで家庭を持たずに恋愛していたい長島は海外へ引っ越さなければならなくなったことにして、ヘリコプターでとりあえず旅立ったのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました