日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

実録色事師 ザ・ジゴロ
ジツロクイロゴトシザジゴロ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1982年10月15日 
製作会社
にっかつ 
配給会社
にっかつ 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
67分  

新宿の盛り場を舞台に金と女を支配するジゴロを目指す若者たちを描く。脚本は「肉奴隷 悲しき玩具」の佐伯俊道、監督は「白薔薇学園 そして全員犯された」の小原宏裕、撮影も同作の杉本一海がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
大畑信政奥村幸士
プロデューサー
中川好久
原案
伏見直樹
脚本
佐伯俊道
監督
小原宏裕
撮影
杉本一海
選曲
佐藤富男
美術
渡辺平八郎
録音
福島信雅
照明
野口素胖
スチール
目黒祐司
編集
鍋島惇
助監督
金子修介

ストーリー

新宿歌舞伎町にネオンがまたたく頃、伏見直樹が率るジゴロ軍団は女を求めて夜の街に消えていった。アキラ、健一、克也の三人は、一人前のジゴロを目指す予備軍の若者だ。アキラにはビニ本のモデルをやる真理子という女がいたが、彼女は恋人的な存在で、ジゴロとしては不充分であった。克也は必死の思いで女を捜し、風俗嬢の美沙を見つけた。健一もなんとかヨーコという女をひっかける。その夜、ジゴロの店に、健一はヨーコを、克也も美沙を呼んだ。店がハネると、それぞれ官能の夜を過ごす。一方アキラは、真理子の仕事を手伝い、フィスト・ファツクの撮影で、自分の手を彼女の膣内に挿入することを命じられ、恐怖におののいていた。新宿でデートする健一とヨーコは、かつての彼女の男だったヤクザにからまれる。そこへ伏見が通りかかり、健一は助けられた。その頃、アキラは部屋でヤクを射っている真理子を見つけた。真里子は街を出て行ってしまう。新宿の街。今日も伏見を中心にジゴロ軍団が闊歩していた。列の終りには、真里子を失ったアキラ、やっと女を見つけた克也、健一がいた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。